今週の鏑木トレミ(仮)

今週もやりました鏑木トレミ(仮)。

(仮)としているのは、今の走力では鏑木トレミをしていると言うには恐れ多いから。せめて6km/hで1時間いけるようになってから(仮)を外したいと思います。

で、今週12/11の鏑木トレミ(仮)の結果は、

f:id:TOMSAI:20181213155355p:plain

こんな感じでしたー。

時速5.5km/hで完遂。12月頭にトライした時にはこの時速で15分しか持たなかったので、気持ち走力アップしている模様。ただし、「歩き」込みで走りきれず(泣

 

f:id:TOMSAI:20181213155720p:plain

ペースがガクッと落ちてる区間は歩き。

40分に到達したところで一度メンタル崩壊w。

それでも「なにくそっ!」と歩きと走りを織り交ぜるものの、50分に到達したところで2度目のメンタル崩壊w。それでもラストは何がなんでもとできる限りの走りを入れてフィニッシュ。歩きは入れたもののペースレバーを下げることなくやりきりました。

「歩き」とは言えどもですね、これ傾斜15%なので、スピードを落とさない限りそこそこ速い歩きになるので、足への負荷も心肺もそこまで落ちることはないのです、、、。歩きのパートでも膝に手をやったり、後ろ手に手を組んで、「ゼェー、ハァー」しながら歩く。端から見てあまりきつそうに見えないかもしれないけど、ホントきついんですよね、これ。イナズマさんも「伊豆トレイル(ITJ)よりトレッドミルのほーがキツイ!」って言ってるぐらい。あ、イナズマさんと私では鏑木トレミのペースが全然違いますけどね。モノホンの鏑木トレミをしたらということです。

始める前は、「よっしゃー、やるぜ!」と意気込んで始めるものの、開始10分いかないところでやめたくなる(笑)時間が経過するごとに、15分経ったら「ここまでの時間をあと4回、、、」、20分経ったら「ここまでの時間をあと3回、、、」、30分経ったら「あと半分、、、」と、なかなか進まない時計を前にメンタルポイントがゼロに向かって突進していくわけです。この修行感といったら半端ない。

高度上昇は825m。で合ってますかね(笑)まだ半信半疑。12月に入ってから鏑木トレミ(仮)が3回。坂ダッシュが2回。そのおかげで12月の練習による獲得標高が約2230mで走行距離が72.2km。走行距離に対する獲得標高の割合がちょうど3%と「鏑木メソッド3%理論」*1にようやく手が届いてきました。これで登り坂大嫌い病が半年後あたりに治っていますように。

 

さあ、あとは忘年会続きで週末のロング走ができていなかったのでそれをやる。雪も降り始まったので早朝起きるのはかなり辛くなってきてしまっているのが怖いが、やらなければサブ3.5はできないのでやるしかない!

AL〇OKジョグ

先日のランナーズ納会にてAL〇OKに入社。

f:id:TOMSAI:20181211154721j:plain

入社会見にて上層部よりチョッキを授与された。

これからは善良な市民を世の悪から守るべく、自分を犠牲にしてでも正義をつら抜いていく所存です。

 

 

もちろん嘘です。

これは何かと問われれば。

防弾チョッキではありません。そう、ウェイトベスト。

macさんからサブ3.5の秘密兵器を譲り受けました!

きっかけはこちら ↓

tomsai.hatenablog.com

強者トレイルランナーさんの練習メニューに刺激を受けて、いざやってみようというナイスなタイミングで「必要であれば」と手を差し伸べていただきました。ありがたいです。それがこれです。

f:id:TOMSAI:20181211155819j:plain

前面に重りを入れるポケットが4箇所。

 

f:id:TOMSAI:20181211155858j:plain

背面に重りを入れるポケットが6箇所。

1箇所に600gの重りが入れられるので、全部重りを入れると総重量で6kgになります。これを着ると当たり前ですが、ずしっときます。そのずしっとくるのがなんか嬉しい。そして早速先週の日曜日に坂ダッシュからの「AL〇OKジョグ」(ウェイトベスト背負ってのジョグ)をかましてきました!

 

坂ダシュからのAL〇OKジョグ

まずは坂ダッシュ。この日は暇そうにしてた二女を連れ出し、一緒にダッシュしました。

f:id:TOMSAI:20181211161647p:plain

私は約150m、二女はその半分で。

2本目からほぼマックス心拍数。半分行く前にオールアウトしそうな感じでしたが、追い込んでなんぼの坂ダッシュ。「登りに強くなるには登るしかない」、そう言い聞かせて必死に坂を登りました。10本終えて、普段であればプラス1本で上積みを狙うとこですが、二女が結構な疲労度だったのと日が落ちて真っ暗になってきたので終了。少し歩きながら息を整え、公園に移動しウェイトベストを装着し、いよいよAL〇OKジョグです。

 

f:id:TOMSAI:20181211162611j:plain

こんな感じでロンTに装着し、上からウィンドブレーカーを羽織ります。なので端から見たら着ていることは分かりません。このまま走ったらなかなかのインパクトはありそう。犯人を追いかける私服警官に見える人もいるかもしれません。職質注意。

今回は6個重りを入れて3.6kgにしました。重りを抜く場所はバランスを考え、前下段2個、背面下段2個を抜きました。トレランのザックを背負った場合もそうですが、重さの重心が下側に来ると後側に重心がいきやすいので登り下りがしづらくなります。特に下りなんかは後傾すると転びやすくなりますよね。重いものはバック上下の中心からより上のほうへ重さのバランスを向けることによって走りやすさを保つようにしたほうがよい。ってどっかで聞きました。

9月のOSJ安達太良50Kでは、ハイドレ1.5ℓとその他携帯品で約2.5kgぐらいの重量だったかと思います(計っておけば良かった)。なので普段からそれより重い重量を背負ってのランニングは良いトレーニングになりそう。

ダッシュ後なのでそこそこ足が重くなりつつ、のところにウェイトベストで良い負荷を感じながらスタート。

f:id:TOMSAI:20181211164813p:plain

3kmまでは二女と一緒でそこから1人で。

普段のジョグコースを少しアップダウンが多くなるコース取りで。1人になってからはペースをEペースまで上げて登り下り。ほー、この背中の重みはザックを背負ってトレランしているような感覚でグッド。良い感じ良い感じ。というか、夏場から体重が約3kg減ってるから、体重減る前はこの体の重さで走ってたんだよな。「(体重の)軽さは速さだ」を実感します。

45分過ぎたところで、重り背負ってちょこちょこ走ってばかりいるとフォームが縮こまりそうだったので、ラストはベストを脱いで公園の芝生の上でWSを5本です。

f:id:TOMSAI:20181211165344p:plain

ベストを脱ぐと体が軽ーーーーい。

軽くなったところで気持ちよくWSできました。

 

はじめてのAL〇OKジョグでしたが、とてもいい坂対策、トレラン対策になりそうです。何よりもこのベストが使い勝手がいい、それにつきます。こんな良い物を頂いたからにはがんばるしかありません。しっかりと練習をして、サブ3.5を達成しつつ、トレラン力もしっかりつけて行きたいと思います!


ALSOK TVCM 「ALSOK体操(春)」篇

ん?!

この最初と最後に出てくる警備員、私に似てるような、、、。(0:00と0:21)

2018ランナーズ納会!

福島にも雪が降ってきました。

年末だ。

年末といえば何だ。

そう、ランナーズ納会だ。

 

f:id:TOMSAI:20181210185923j:plain

ひゃー、楽しすぎた先週末~。

みなさんの顔にモザイクを入れるのを憚れるぐらいの素敵な笑顔、笑顔、笑顔。そして笑い声、でかい声、大きな拍手、自分を鼓舞するかのように宣言されていく目標の数々。それらに満たされた楽しい時間はあっという間だった。細かいところは私の心の中に秘めておきますが、ぜひ皆さん、空出張してでもご都合のつく方は来年もきっとあるでしょうから参加してみてくださいな。

 

ちょっとだけ上の写真を説明しますと、

<上段>

宴後の集合写真!

<中段左端>

petaさん到着で全員集合。何度目かの乾杯!ここから皆さんの声のボリュームがすげえでかくなる。

<中段左から2枚目>

今年はなんといっても「はてブ三羽烏、つくばでサブ3!」。笑いあり固い決意あり涙あり。盛り上がりは最高潮に。

<中段左から3枚目>

macさんによる「つら~ず」の宣伝。流れで「つら~ず」をみんなのビールジョッキに数滴たらす様は、端から見たらどこか犯罪のにおいがする様相。「つら~ず」を製造されている元祖美ジョガー園子さんのラン歴がすごかった。サンプルをしっかりいただいた。

<中段右端>

2018はてブロアワードで、すごい速い方たちが受賞した場面。おいやんさん、naotoさん、toshi姉さん。おいやんさんは最近自身の走りはもちろんのこと応援にも力を入れている。それ以上に私がびっくりしたのはお国のために働いている方がすげえ激務をしていたということだった。naotoさんからもっと速さの秘訣について聞きたかったなあ。toshi姉さんはお話できませんでしたが、みなさんとのやり取りを見ていて、「ほんとうにそう(お姉)なの?」って何回か聞いてしまった。

<下段左端>

古本屋さんのとても柔らかい、イースタンユースの吉野や松本大洋のピンポンに出てくるアクマに似た雰囲気が大好きでとても素敵だった。

<下段左から2枚目>

昨年に続く遠来賞で、KANA先生からの副賞。来年は遠来賞以外の受賞をがんばる。誰か私より遠い人来てください。

<下段左から3枚目>

みなさんの記憶に新しいmacさんのサブ3.5受賞。感動する一場面になるかと思いきや、これまた受賞の副賞の前に、まさかの〇〇〇しちゃう宣言でズコーってなった。さすがである。

<下段右端>

そのmacさんからサブ3.5へ向けての秘密兵器をいただき、AL〇OKに入社した。それについてはまた後日。

 

これ以外にも楽しいことたくさんたくさん。

本当にみなさんありがとうございました。

そして何よりも企画、幹事をしてくださった市川パパさん。仕切り、素敵なお心遣いに感謝です。ありがとうございました!

また来年お会いしましょう!