読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

献血ガンマGTP+シューズの紐

先日13年ぶりに献血をした。

献血のデータは長い期間保存されているようで、問診の時聞かれた前回の献血記憶と保存されていたデータが一致した時はすごく懐かしさを感じた。13年前は東京に住んでおり、今の妻とまだ契りを結ぶ前、フラフラ出かけては献血をついでにするというのが流行った時期があった。二人並んで献血をして、その直後二人して気分を悪くした記憶が妻にも私にもあった。

あれから13年。

時間がだいぶ経ったものだ。知り合いの会社さんに献血車が来るっていうので、その13年前を思い出し、また献血してみようと思いたった。

献血する前に前回の献血記録の他、渡航歴やら病歴やらを細かく聞かれる。10年ちょっと前に行ったインドについてはなんだか詳しく聞かれた。そんな前でもなんかあんのかな。最後にはほぼ同じ内容を小さいモニターにタッチペンで回答して、いよいよ献血車の中へ。白髪のおじいちゃん先生から再度問診を受け、献血検査。献血するのも大変だ。

検査の値も問題なしでいよいよ献血タイム。うとうとするぐらいの時間があるかなあと思って少し楽しみにしていたのだが、そこは献血車なのですぐそばには看護師さんがいて、さらに貧血予防のため下半身の運動をしてくださいなんて言われて、なんだかゆっくりできなかった。13年前の記憶ではわりと長い時間テレビなんか見ながらゆっくりしていた記憶だったのに。献血時間は献血する内容(血清をどうたらこうたらとか)にもよるのだろう。特に何も起こらず献血は終了。

数日後献血した血のデータが送られてきた。

 

γ-GTPが高い。

13年間に比べて3.5倍。

正常値から問題になりはじめる数値の間ぐらいで禁酒すればすぐ戻るレベルだが。

 

それもそのはず、ここ最近晩酌が習慣になりつつある。量は多くなく、缶チューハイ1缶ぐらいだけれども週5,6は間違いない。夜10時過ぎて走り始め、終わってお疲れ1杯なんて。なるほど。これほど顕著に表れるのか。昨年の夏の健康診断の時はそこまでいってなかったと思う。控えないと。γ-GTPが高い血なんて誰も欲しくないよね。

 

酒飲みすぎだぞと思い知らされた献血だった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

と、一度記事をアップしたところで、CBS2日前なのに献血の話しってなんだと思い、一つ付け加える。

CBSで履くクラウド。ゴム紐を普通の紐に変えた。

https://www.instagram.com/p/BUhKu1Mhrmv/

どれ紐を通そうかとやり始めたのだが、このクラウド、紐を通す初めほうがちょっと独特。糸が編まれているところに紐を通すシステム。替えの紐(Onの通常の紐はみんなそう)の先端には「PUT ME」なんていちいちカッコいいOnなわけだが、こいつが編まれた紐の間になかなか通らない、、、。右足4ヵ所に20分。先端は入るが途中からなんか糸がひっかかってどうにも頭を出さない。無理にやって破けるのも嫌なので、それはもうキィーってなるってもんで。右足なんとか終わって左足もかよ、、、とテンションだだ下がりだったが、左足はわりとスムーズに行った。おかげで走りはじめがだいぶ遅くなり10kmの予定のところ、なんだか疲れて9kmで終了。紐を変えたところだいぶフィッティングが良くなった。いわきの時のオールブラックはゴム紐だったが、それほど中で足が動くこともなかったし、終盤足がむくれてからはゴム紐の多少のルーズさが良かったような気もする。が、やはりシューズはジャストフィットが良いだろうから。こいつはこれからはずっと通常の紐で。普段履きするオールブラックはずっとゴム紐で。なんたって履きやすいからね。

加えた割にはたいした内容ではないところはご愛嬌。

夜の雨と全日本マラソンランキング

室内にいて、外を走る車の音で雨が降っているのが分かる。

予報では今日と明日の夜は雨。平日は夜ランニングの私にとって嫌な天気。昨日ランオフしてるからこのままだとまた3日ランオフじゃないか。レース当週で雨の中ジョグのために出たくはない。なにせ元気な状態でスタートラインに立たないといけないのだから。ちょっとした小雨なら出ようか。というか、雨音がもうすでに大きい。

 

そしてマラソンランキング。

f:id:TOMSAI:20170524191029j:plain

上出来。伸び代ありととらえることにする。

今年の秋冬のフルどうしようかな。はが路をリベンジするか、地元にするか。次のいわきはもちろん出るとして、その前になにか、、、。

そしてCBSの準備もぼちぼち考えないと。

CBS1週前。地元歴史探訪など。

CBSまであと1週間

さて、CBS(チャレンジ磐梯吾妻スカイライン)まであと1週間。

いよいよだなあ。超地元なので見知らぬ土地へ遠征する時のワクワク感はさすがにないが、新たなチャレンジへのワクワク感はすごくある。大会はいわきサンシャインぶりなので、マラソン大会のあの雰囲気も楽しみ。心の準備はある程度できているのだが、補給食の準備がまだ。10km毎のゼリー補給を考えているので6個準備せねば。ゼリー以外はエイドで。結構エイドで食べて行かないと後半バテる。いかにうまく補給できるかが完走に向けての重要な点のひとつになりそう。

天気は今のところ良さそう。今日も30℃越えともうすでに夏感が漂う福島だが、当日の予報は晴れ、最高気温27℃。暑いな。1500m上ることを考えると頂上付近の気温は、200m上昇で約1℃下がる計算で20℃弱。ただ、頂上付近に到達予定は朝8時から9時ぐらいなので、その頃の気温となると肌寒いかも。終盤は暑い。あとは風が強くなければ。

前半の果てしない上り区間を無事にやり過ごせるか。

第0関門、前日うまく切り上げられるか。そして寝れるか。

不安なところはありつつも、当日元気に迎えられますように。

 

CBS起床予行演習

暑い暑い日曜日。4月は30km走3回したものの、5月に入って回数はそれなりなものの、長い距離がなんだかんだで走れなった。一気に走りすぎて故障するのも嫌だが、長い距離を踏めていないここ最近のランニングでは一抹の不安が。一抹どころじゃないな。とにかく、当日早朝スタートということも考えて、同じ時間帯に起きようと3時半起床。半分二度寝しながらも4時半前にはスタートを切る。

https://www.instagram.com/p/BUU7KKxhuVY/

この日も朝から太陽がギラギラと。気温ももうすでに16℃。朝陽を一杯浴びながら、20km強。途中ビルドアップしてみたり変化をつけて。終盤、CBSと同じような上りがあるが、そこは上り約2km程度しかないにもかかわらずバテバテ。こんな坂が20km以上続くのかと思うとゾクゾクする。週末のイベント、会合やらで3日ランオフをしてしまったので足はそこそこ軽かったが体が重い。CBSで履くOnクラウドの慣らしはこれで50km程度。今週のランニングもクラウド履いて慣らす。

 

地元歴史探訪しつつ

先日有望な若者と走った公園を今週も訪れる。今回は三女付き。

f:id:TOMSAI:20170522162012j:plain

先週から比べて気温がぐんぐん上がったせいか雑草がすごい。二女は走る練習も兼ねてとジャージできたもののテンションが低い二女。暑さと二人が遊んでいる間に練習するのが嫌らしい。嫌なところで練習しても今後のためには良くないし、まだ三年生なのでまずは走ることが楽しくなってくれればそれでいい。二女はとりあえずローラースケートを履いて遊び始める。

f:id:TOMSAI:20170522162140j:plain

止まるときは命風ストップ。

そんなこんなで娘たちが遊んでいる間、私は公園内コースをジョギングしながら探訪。

f:id:TOMSAI:20170522162114j:plain

新緑の木々が日影を作ってくれているので、夏場の練習には良さそう。

f:id:TOMSAI:20170522181352j:plain

暖かくなるとたまに熊が目撃される。

公園内にはちょっとした歴史を感じさせるものがあった。

f:id:TOMSAI:20170522162254j:plain

明治天皇何ちゃらと書いてある、中に弘法大師像が祀られている社。

f:id:TOMSAI:20170522162200j:plain

この地域の地名の由来となったとされる石や石像たち。

木々が邪魔をしていて視野が狭いのだが展望台もある。

f:id:TOMSAI:20170522162040j:plain

近くにいても知らないことが結構あるものだ。

小さいものの歴史的なことに触れ、ちょっと良さげなアイデアを思い付いた。公園内で発見したものを利用して、今流行っているロゲイニング?とかいうスタンプラリー的な要素を走りながら楽しめるなんてしたら二女も楽しんで走るのではないかと。例えば、10分以内に公園内の3つのポイントを探そう!というゲームにする。今回は以下の3ポイント。

  1. 展望台から見える〇〇〇を探せ!
  2. この地域の地名の由来となった石を探せ!
  3. 熊注意の看板を探せ!

なんてことを話したらやる気になってくれた。クリアできたらアイスのご褒美。これまた効果大。

そしてゲームスタート!

勢いよく走りだした二女の後ろを付いていく。ちょっとしたヒントとかを出しながら。すごくやる気が出て、「どこ?どこ?」と走り回るが、少したって一つの問題点が発覚。二女は小学三年生。まだそんなに漢字が読めない。公園内のヒントになりそうな地図の看板や、史跡の説明となる文字は当たり前だがしっかりと漢字で書かれている。

二女、それが読めない。

しょうがないので漢字の説明もしながらとなった。それはそれで漢字の練習にもなるか。なんだかんだで走り回って、約8分でゲームクリア。いい汗をかいた。小さな公園なので次来た時に何をポイントにするか悩ましい。ここだけではなくて近くにはまだ知らないいろんな興味深いところがあるのだから、そういうのを楽しみながら走れるのもこれまた一興かなと思った日曜日だった。

最近の出来事、思っていることなど。

最近の出来事、思っていることなど。

 

  • 1km全力疾走しようとしたら、ポッケからアイフォーンが落ち画面が割れた。
  • これ以上割れが広がるのが嫌で、ケースを新調しようとしたが間違えてPlusのケースを頼んでしまった。
  • GW温泉に行ったとき着ていた服を洗濯して、あれ以来初めて着たのだが、硫黄の匂いがほのかに残っており、GWの楽しかった思い出の感傷にふける。
  • 1kmPB更新したが4分切れず。ジャスト。
  • 最近走行距離をぼちぼち積めているのに一向に痩せない。
  • 痩せないのはお菓子のせいと分かってはいる。
  • プランク、サイドプランク再開。
  • ほぼ毎日晩酌をするようになりつつある。
  • 二女がどうしたら陸上の練習にやる気になってくれるか頭を悩ましている。
  • グレートレースシリーズのあたらしいやつ、北極付近のレース、あれはないと思った。
  • ランニングシューズの新しいやつを手に入れたが、お店でもっとスマートに試着したり、選択、決断したりできないものか。
  • 新しいシューズを買ったこと、妻にはばれてないが娘にばれた。時間の問題。
  • 初ウルトラに向けて、補給食の大半をエイドに頼っても良いものか悩む。
  • 初ウルトラ、楽しみ半分、不安半分。
  • 庭の雑草の伸びがすさまじく途方に暮れている。

 

そんなところ。

平和といえば平和。

第0関門

月末の日曜日はCBS(チャレンジ磐梯吾妻スカイライン)なのだが、そこに向かうにあたって完全なるミスをおかしてしまった。

前日に会合(宴)を入れてしまっていたのだ。

その会合は私の方である程度日程に融通がきかせられる類のものだった。

「あっ、そういえば、、、」とミスに気付いたのが、その会合の案内を出してしまってからのこと。自分の元に届いた案内を見て、スマフォのカレンダーアプリにイベント登録しようとしたその時、

「はっ!次の日CBSだって。」

ここ数年のルーティンイベントだったため、ロボットが如く、迷わずその日に会合を設定してしまっていた。40人ぐらいの宴を、「ごめんなさい。1週間遅らせて。マラソンあるから。」なんて言えない。

いつもであれば、ワーっと盛り上がって二軒目、三軒目なんて話になるのだが、今年はそうはいかんぞ。なんてったって次の日CBSで朝4時スタート。

 

一次会で帰れるか。

とてもハードルが高い「第0関門」が立ちはだかってしまった。

将来有望な若者と

日曜は朝に20km程度をと思っていたのだが、雨が降っており二度寝。昼間は母の日であるからして互いの実家めぐりの日曜日となった。

夕方家に戻ると雨も上がっており、このままだと2日ランオフでいかんと、娘二人を引き連れ家から2.3km離れた小高いところにある公園へ。小さい公園ではあるが起伏に富んでおり、1周500m程度でもそこそこ楽しめる。公園までジョグして、着いたら周回を始め、3周ほどしたところで駐車場に車が一台やってきた。知り合いの方だった。その方は5年ほど前に仕事でお世話になり、数年前に子どもが同じ小学校に通っていることを知った。そんでもって今年の3月に次女が陸上クラブに入った際に、そこでも偶然お会いし、息子さんが長距離をやっているとのことだった。世間は狭いとはこのことだが、仕事でお世話になってた時はまさかこうなるとは思わなんだ。それと驚いたことがもう一つ。その息子さんが中々なランナーだということ。小6の時(昨年)の1000mの記録、3分04秒。その位のタイムだと同学年で県で5本の指ぐらいには入るらしい。全国に行けばまだまだのタイムなんだそうだがそれにしても速いよね。40のおじさんは4分切れずにひいひい言ってるというのに。

好きこそものの上手なれ。走ることがとても好きなんだそうな。日曜日も陸上の大会があったのだが一年生で競技に出場する機会がなかったため、ひとっ走りしに来たのだという。練習メニューもクラブのコーチからの助言や陸上雑誌の情報を参考にして、自分で考えているそう。エライ。

息子さんは颯爽と周回を始めた。どんな感じで周回しているのか聞くと、1箇所坂道が続くところがあってそこをダッシュ。そこ以外はジョグで1周何秒という目安を設けて周回していた。人の走っているところを見ると自分でもやりたくなる。市民ランナーあるある。息子さんが3周している間、知り合いの方と世間話をしていたが、4周目から「一緒に走らせて。邪魔しないから!」と後からつけさせていただく。

 

スタート地点から公園の端まで下り約200mは息を少し整える区間。彼のジョグペースをちらっとガーミンで確認すると4分50秒程度。軽やかに下っていく。おじさん、まあ、下りなのでそれなりについていくこと可能。ここでひとつ気づく。彼の方がストライド大きい。身長はおじさんより約10cm低いのに。彼がターンターンとジョグってる後ろでタンタンタンと1歩ぐらい多い。ピッチ走法おじさん、ジョグでも頑張る。

端までいって少し階段を降りたところで、彼が後ろを振り向き、「あそこの側溝からダッシュします!」。お、来たな。望むところだ。

側溝通過。

若干沈み込み、前傾になったと思いきや腕を大きく振り、腿を振り上げギアチェンジ。

お、中々のスピードだな。

おじさん必死に食らいつく。

約150m程度。

なんとか5,6歩程度離されたかなぐらいで耐えた。耐えた。

上りきってスタート地点までまた始まる軽い上りをジョグ。

おじさん心拍一気にあがっている。

スタート地点へもどり、「まだまだ!」とまたついていく。

下りはジョグだが、5分前半だと、おじさんレストにならない。はあはあが収まらないまま、折り返しの階段を下りる。

彼が振り返り、「ダッシュ行きます」

お、おう。

今度はさっきより離される。あきらかにおじさん疲れる。

彼は息が上がっているものの、まだまだ軽快に足を運んでいる。

「ああ、これが速い人の感じか、、、。」

スタート地点にもどり、「もう1周してみます、、、。」

下りジョグを彼についていこうとするが、おじさん勿論、はあはあが止まらない。

折り返しの階段を下りる。

彼、今度は振り返らず、ダッシュ。

おじさん、必死。

嗚呼、だいぶ離された。

坂の途中、遊具で遊んでいた長女が「遅いよー」と叫ぶ。

「うっせー、彼が速いんだよ。」心でそう思いながら、だいぶ小さくなった彼の背中をただただ見つめるばかり。

「(ゼエゼエ)速いっすねー。(ゼエゼエ)今日はこのぐらいにしときます、、、。」

彼はニコリとしながらまた周回を始めた。

 

「3周でも出来るんだからすごいっすよ。普通1周であきらめますよw」なんて知り合いの方は言ってくれたのが救いだが、もう少し前準備したらもう少し走れたのに。なんて思いながらも、やはり速い人と走るととても刺激になるし、自分ももっと速くなりたいなあと単純に思うのだから、誰かと一緒に走るというのは有効な練習だと思う。

おじさん、この周回をこれから練習してもう少しついていけるように頑張る。将来有望な若者と走り、そう思った次第。

CBSまであと2週間

いよいよ初ウルトラとなるチャレンジ磐梯吾妻スカイラインCBS)があと2週間となり、事前の案内はがきも届き、いよいよだなと実感するところ。

このCBSはこんなところを走る。(大会HPより)

f:id:TOMSAI:20170513140316p:plain

66kmの制限時間10時間。タイムを競う大会ではないのでショートカットなんかもあり。スタートして一番標高が高い浄土平までで約1500m上る。上りきったら今度は同じ分違うルートで下る。なかなかなコース。超地元であるからして、このコースの景色が良いのは分かっているのがそれと同じぐらい上りがきついのも分かっている。前半の上りはキロ8分、後半の下りはキロ6分、合わせてキロ7分ぐらいの8時間30分程度が目標のタイムか。ただ、前半の30kmの上り区間はおそらく歩きが入ってくると思うのでキロ8分も微妙。行ってみないと分からない。なんとか吾妻小富士一周はしたいなあ。後半の下りを気持ち良く走れればいいのだが、フル近い距離を走ってからの長ーい下りは、それはそれで太ももガクブル必死のはず。こわいこわい。何はともあれフルを超える距離を走るのは初めてなので、これを経験してからの日光へ、なんとか良い足ががりを見つけたいところだ。

 

で、初のウルトラをどのシューズで走ろうか。

2月のいわきで走ったOnのクラウドが私にはすこぶる良かったのでそれで行きたいのだが、そいつはオールブラックで、これからは普段履きメインで長いこと履いていきたいから新しいクラウドを購入することにした。

Onのクラウドはいろんなカラーバリエーションがある。これって選択肢の幅が広がるすごくいいことである反面、優柔不断な私にとって最終決断がとてもしにくくなるという悪いことでもある。今回もいろんな色を半分ずつ試着したり、だいぶ、だいぶ悩んだ。ちょっと前に期間限定のモノクロームシリーズが出て、このシリーズはもう作らないとか、この色はもう廃盤であと2足だけとか言われるともう堪らない。いっそのこと3足ぐらいまとめて大人買いしたい気分だった。

 

富豪になりたい。

 

で、なんとか1足に決めたのがこれ。

https://www.instagram.com/p/BT_Z8yEBFtT/

オレンジ/ファイア。

昨年のBadwaterというレースに岩本能史氏が履いていたやつ。*1

ミーハーな感じではあるが、その岩本氏が出ていた大会の様子などのブログ記事には素直にすげえなあと思ったし、走ることで何かにチャレンジするという、自分なりに少し人生が変わるような機会を与えてくれた記事のひとつだったわけで。私のこんな極私的なブログに10数年前に同じCBSに出ていたとコメントいただいたのも何かの縁。このシューズを履いて岩本氏になりきって、初ウルトラを頑張ってこようと思う。

以上。

*1:岩本能史氏のブログをご覧あれ。

http://blog-nob.jugem.jp/?month=201608