サマーキャンプと秋冬エントリー

2017サマーキャンプ

夏休暇が終わった。

今年も昨年に続き、秋田にてサマーキャンプ。昨年とほぼ同様の過ごし方だったので昨年のレポで省略(たれか)。

tomsai.hatenablog.com

 秋田は雨も降らず、まずまずの天気だった。

もちろん朝ランも。アップダウンのあるリゾート公園内を2日目10km、3日目12km。いつもと違うコースで走るのはやはり楽しい。夜はたらふくキャンプ料理を楽しんで、朝は激重のお腹を揺らしながら汗だくになったり、プールで三女とたわむれたり、動物園でトラを間近で見たり、ババヘラアイスを食べたり。

サマーキャンプ満喫。

帰りはどっぷり渋滞に巻き込まれ、自宅まで7時間かかった、、、。きつかった。長時間の移動は子ども達もつらかったかと思いきや、活躍したものがひとつ。

これ。

 娘たちが映画館で見てとても面白かったらしく、秋田までの長旅にと購入した。

行き、約4時間、1回通しーの、ラスト大団円が始まるチャプターから6回ループ。その後特典を流しつつ、主題歌のMV3回ループの大合唱。

ループはなかなかきついのだが、この映画なかなか面白くて、ワイワイ見てたら結構時間がたつのが早く感じた。だいぶ助かった。ただ、できればもう一本なんかあれば良かった、、、。歌が頭から離れない。

 

秋冬の大会エントリー

さて、夏はもうすぐ終わる。

秋冬のエントリーを考えなければならぬ。

夏に60km、100kmと走ったので、秋冬は経済的理由により近場の大会を検討。

miura-yahei-marathon.jp

iizaka.kilo.jp

10月、11月この流れで、12月は野馬追ハーフ。そして年が明けて2018いわき。はてブロランナーかつランニングクラブメイトも出場する大会たちなので、今年は楽しくなりそうだ。

 

などと考えながらRUNNETを徘徊、エントリーしようかと思ったその時。

 

ふと何かをやり残した感。

 

あれだ。

 

はが路だ。

 

気合十分で挑んでボロボロになった、はが路だ。

 

大惨敗したやつ。

 

リベンジしたい。

リベンジしたい。

クリックしちゃった。

安ーいビジネスホテルも押えちゃった。

リベンジする。

 

ということで、今年の秋冬は、「茂庭っこ」からの「はが路リベンジ」の「いわき」、フル3本で行きたいと思う。

がんばろうっと。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ある夏の1週間

ここ一週間をダイジェストで。

 

トレラン用シューズが届いた

f:id:TOMSAI:20170810174130j:plain

トレラン用のシューズを買ってしまった。とはいえ、山に行く予定もなければ、大会に出る予定もない。ただ、はてブロランナーのネムネムさん(id:otokonodiet)、チャーリーさん(id:besmart-chari)、落選男(id:tokyomarathon)さんらの記事を見ていたら、そりゃあ興味が湧く。機会があったら積極的にやってみる、トレランを。

手持ちのOnのシューズでは小石が挟まりすぎて(というか、ロードでも挟まりすぎ)ダメなので、少し前からサッカニーの価格破壊、デフレを根気強く待った。本当はInov8とかスポルティバが欲しいのだが、トレランは続けるかどうかも分からないので、値が張るものはやってみてから。サッカニーブランドシューズ販売にほぼやる気を見せない〇〇〇マートさんのおかげかどうだか、型落ちシューズはどんどん安くなるので、終盤は細目にサイトをチェックし、これ以上だと在庫がなくなる限界の値段のところでカートへ入れる。タイミングを間違えると売り切れてしまうので注意だが、買えなかったときはそれはそれでいいという類のもの。こいつもそうだが、うまくいけば送料込みで2000円台半ばでいける。

足を入れただけの印象としては足を守られてる感が強い。特にかかとの包まれる感じその分重い。ドロップが8mmと高く、クッション性があり初心者には良さそう。あとは走ってみないと分からない。

 

今年も大わらじ持ってダッシュ

f:id:TOMSAI:20170810174446j:plain

今年もやたら大きいわらじ担いで走る季節がきた。わらじ祭りだ。

約100kmの大わらじを10人で担いで約300mを走る競争。競争相手の現役高校野球部に大差をつけられるも楽しんだおじさん達。今回は最前列だったので、わらじがバコンバコン暴れて、その度に肩に打ちつけられ参った。たった300mと思うかもしれないが、ゴール間際は足が激重、なかなかのゼーハー状態になる。祭りなのでそれもまた楽し。

 

夏のロングはやばい

f:id:TOMSAI:20170810182352j:plain

日曜日、ロング走を試みる。

実家から家までの約18kmほどサブ4ペースでと思ったが、7kmで心折れる。真夏、気温が最も上昇する時間帯、30℃越え。おじさんが走れる状況ではなかった。にわか雨降れと願うも届かず。

 

エアロバイクでゼーハー

f:id:TOMSAI:20170810182923j:plain

台風の影響で外は雨。なのでエアロバイク。

2分全力、1分レスト、8本。

目標心拍155以上を目指すがなかなか上がらない。全力で漕ぎ、頭がクラクラ、太ももが張ってくるが、心拍が、、、。そのかわり汗がダクダクなのでエクササイズには良い。また、寝室となりの部屋でヒィヒィ言いながら、安物のエアロゆえ音もうるさく、何度もクレーム有り。

 

社会科見学

f:id:TOMSAI:20170810174707j:plain

子どもの夏休み研究もかねて、私を「趣味はマラソンです」の道へと導いた方が経営されている製麺工場を二女と見学。全粒粉、細めストレート、喜多方風縮れ麺、スタンダードな中華そば麺、などなどラーメン好きにはたまらない工場だった。

見学が終わるともうお昼。

これだけ麺を見て、ラーメンを食べないで帰るわけにもいかない。

工場近くの気になっていたラーメン屋へGO。

 

f:id:TOMSAI:20170810174454j:plain

晴天の特製醤油らぁ麺。全部のせはやりすぎたか。

カツオ節系の柔らかい味わいのスープがいい。そこに細めのストレート麺(超好み)はスープが絡みすぎず、さっくりといけてバランスが良い。チャーシューもしっかりとした味付けと歯ごたえで美味。ほんのりマスタードだろうか、スープの邪魔をしないようにだろう、うすく味付けされた蒸し鶏が小洒落ている。味付けたまごは黄身までしっかり味がついていたが、ちょっと全部のせには濃すぎていまいち。通常版にトッピングの方が良さそう。メンマは穂先がついているタイプ。このタイプはやわらかくて好き。全体的にとてもバランスの良いラーメンだった。そして何より接客が良くて、また行きたくなる、いや、リピート確実のラーメン屋だった。

f:id:TOMSAI:20170810174458j:plain

そして替え玉、ドン。

今晩絶対走ります。

 

 

現場からは以上です。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

世界陸上と5kmTTと抽選

世界陸上がいよいよ始まる。

www.tbs.co.jp

織田裕二はそろそろ飽きてきたので置いといて、やっぱり見たいのは長距離系。ただ、今回トラック長距離の日本男子代表がいないって、楽しみ半分減。もっと頑張ってほしいなあ。ロンドン開催なので時差の都合で夜中放映もつらい。ビデオ録ってあとで見るにしても、今のご時世、ネットニュースやら速報で結果を目にしてしまうので、ライブ感がなくなってしまう。

ただ、マラソンは日曜日の夜からだからこれはいい。家族の冷たい視線があるだろうから別部屋での一人観戦になること必至。しかも、男子女子同日開催。これは楽しみが一日で終わるプラス、長時間冷たい視線のダブルパンチだ。しょうがない。

個人的な見どころとしては、

  • 100m日本人初9秒台でるか
  • 川内優輝ラストラン
  • 女子マラソン忍者走りの二人
  • 地元で練習してる女子100mハードル紫村さん
  • ファラー
  • 男子400mの世界記録出した人
  • 女子10000mのすごい速いエチオピアの人

こんなところ。頑張って見れるのは見る。

 

 昨日5kmTT実施。頑張ってPB更新。

 

f:id:TOMSAI:20170804204008j:plain

しかし、これが現状の精一杯。今月末は初の5kmのレースなので、スピード練習を頑張ってしよう。5km平均ペース、4分半切りたい。

 

そして、当たる気しかしない抽選エントリー。

f:id:TOMSAI:20170804204012j:plain

いわき、東京の2週連続フルになってしまうがしょうがない。

しょうがない。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

重大な見落とし

昨日の記事にて「重大な見落とし」をしていたことに気付いた。

 

 昨日の記事の一部、プレイバック。(一部コメント変更)

f:id:TOMSAI:20170802193044j:plain

ん?!なんか多い。

f:id:TOMSAI:20170802193106j:plain

おお、いっぱい来たー。

f:id:TOMSAI:20170802193113j:plain

わー、予想外にいっぱいで楽しそー。

 

と、ここまで、想定外のランナーに驚いたという写真の流れだったのだが。

写真を全部よく見てみると、、、。

 

 

 

わ?!

おおー。

ある人物が写っているではないか。

 

 

 

 

 

 

f:id:TOMSAI:20170803170448j:plain

森脇のアニキ!

川内選手が市民ランナーの星ならば森脇健児は市民ランナーのアニキ。

かどうかは全くわからないが、今やマラソンタレントの森脇健児さんではないか。

全く気付かなかった。当日も。

岩崎恭子さんを見て、今までの人生で一番うれしいとか思ってる場合ではない。

森脇のアニキがいたのかー、楽しそうに走ってたんだな。

 

以上、

 

と言いたいところだが、記事書いててもう一つの見落としに気付いた。

 

f:id:TOMSAI:20170803170454j:plain

萩原さんの兄か弟か、どちらか。

 

以上。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

1000km縦断リレーのサポートランナーをしてきた

「復興の地を、走ろう。復興とともに走ろう。未来に向かって走ろう。
 Run for Tohoku,Run for Tomorrow.」

青森から東京までの1000km縦断リレーのサポートランナーをしてきた。

1000km.jp

ある日、勝手にマイコーチから、

勝マ「サポートランナー興味ありませんかー」と言われ、

私「興味はありますけど鈍足市民ランナーで務まりますかねー」と返すと、

勝マ「市民の参加者とほとんど歩くくらいの速さなので大丈夫ですよー」

ということのなので、これも良い経験だとやらせていただくことにした。

勝マ「ただ、送迎がないのが大変なのですが。」

つまり、サポートを担当する区間のスタート、ゴール間の送迎がないので、ゴールした後は自力で帰らないといけない。なので、スタート・ゴールから近い、走っても帰れる区間を担当させていただいた。

 

だいたいの集合時間と仕切っていそうな〇〇の社員を見つけて指示を仰いでくださいといったようなだいたいな感じの申し送りを受け、スタート地点に到着。

 

仕切っていそうな〇〇の社員とおぼしき人を見つけて、Tシャツと帽子、ビブスをもらう。更衣室で着替え。

f:id:TOMSAI:20170802195911j:plain

汗を出そう!

サポートランナーのひとりが急遽来れなくなってしまったので先導に。大丈夫かなあと思いつつも、先導ランナーの前にはチャリの先導がいるので、ついていけばOKとのこと。

 

 だいたいの動きを確認して待機。

f:id:TOMSAI:20170802195312j:plain

 応援の生徒たちが準備を始めた。

「そろそろランナーが来まーす!」

待機場所で待つ。

f:id:TOMSAI:20170802193031j:plain

お、来た来た。

f:id:TOMSAI:20170802193038j:plain

来た来た。

f:id:TOMSAI:20170802193044j:plain

ん?!

f:id:TOMSAI:20170802193051j:plain

わー、いっぱいいるー。

f:id:TOMSAI:20170802193106j:plain

おー、いっぱい来たー。

f:id:TOMSAI:20170802193113j:plain

わー。たくさんたくさん。

何も聞いていなかったので分からなかったのだが、前の区間はふれあいランニング区間といって、小さな子ども達、障害のある方でも参加できる区間だったらしい。

f:id:TOMSAI:20170802193137j:plain

岩崎恭子さんだ。

で、大集団は前区間ゴールへ。なだれ込む。

f:id:TOMSAI:20170802193131j:plain

管弦楽部の演奏の中ゴール。

 

ここで襷のリレーをして、次の区間が始まった。

いよいよサポートランナーのお役目スタート。

サポートする区間の参加者は6人だったかな。お子さんもいるのでペースはだいぶゆっくり。チャリの先導さんの後ろについて、足元の水たまり、段差、横断歩道、信号、いろいろ声をかけながら進む。後列のサポートは勝手にマイコーチ。毎年お手伝いをしているようで勝手知ったるところか、参加者との談笑も聞こえる。そんな感じでもいいんだあと私も先頭の参加者と二言三言、話をしながら走る。

完全なる生活圏のコースでの2kmはあっという間。

100kmウルトラ終盤の2kmとは大違いだ。

区間のゴールはもちろん参加者のみなので、ゴール直前で脇にそれ、お役御免。

参加者たちがみんな手をつないでゴールした。

よかったよかった。

短い時間ではあったが楽しいひと時であった。

f:id:TOMSAI:20170802193147j:plain

地元お笑い芸人らが次の区間のランナーを送り出す。次の区間は私のランニングコースも通る。ちょっと坂がきついところがあるのでお気をつけて。

次のランナーを送り出したところで解散。勝手にマイコーチは次のサポート区間へ向かった。特に説明会やら解散式やら何やらあるわけでもなく、完全なる現地集合現地解散。いさぎよいほどの。

 

時間にしたらあっという間だったが、これはこれで良い経験だった。趣味のマラソンでお役にたてることがあるということは嬉しいこと。今回はただただ前を走っていただけだが。普段出ている大会などではたくさんのボランティアの方に支えられて、好き放題走らさせていただいている。たまにはボランティアの方に回ってみるのも良いと思った。サポートしてくれる方がいなければ大会、イベントは成り立たない。そして応援されるとすごく力になるのは痛いほど身にしみて分かっているので、走っている人を見るとすぐ応援したくなる。また機会があったらお手伝い、やってみよう。

 

f:id:TOMSAI:20170802193152j:plain

Tシャツと帽子が頂けた。

このTシャツの裾。ラウンドテールというのだろうか、この形のTシャツをベースにランニングクラブのTシャツを考えたいなあと思ったのだが、ネットで見ても扱っている業者が見当たらない、、、。んー。

 

こんな初ランニングイベント裏方経験記でした。

現場からは以上です。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

レペとレポ

先日の4時間リレー、400m30本レペ。ガーミンのペース・心拍のグラフがあまり見たことない感じだったので、載せようと思ったのに忘れてた。

f:id:TOMSAI:20170724200640j:plain

櫛。剣山。

心拍は手首なので若干信ぴょう性は落ちるものの、3人廻し3本目がナイス高心拍だったはず。終盤、休憩が徐々に長くなると同じようなペースでも心拍落ちてる。この暑い時期にこれだけ本数積めたのは良い。効率的だったかどうかは別として、運動強度の強いランニングをイベントの中でできるのはメンタル的にはやりやすいと思う。マラソンの川内選手よろしく、大会にいっぱい出て自力をつけたいがそうもいかない。楽しみつつもレベルアップできるこのようなイベントは積極的に参加したいところだ。

 

今ふと運動強度という言葉で思い出した。

最大心拍数、運動強度は以下のサイトを参考。

目的別最適な心拍数(運動強度)判定ツール!最大心拍数も推定できますよ!

EPSONサイトを元に作っているよう。まあ、その他参考になるものがあれば。

 

 

疲労もだいぶ溜まり、夜の雨もあいまって、月曜から3日ランオフしてしまった。

なのに。

f:id:TOMSAI:20170726182538j:plain

仕事で相馬へ行ったので、相馬に行ったらここに寄らないとという店がある。

自分の中で現状ラーメンランキング3位。

中華そば大盛り。走ってないのに大盛り。

魚介系、少し甘めのスープは飲みはじめたら止まらない。ほぼ完飲。走ってないのに。

麺は太すぎず細すぎず、最後までもっちり感が残る。

トッピングは極シンプル、必要最低限。

柔らかめオーソドックスチャーシューにオーソドックスメンマ。メインを邪魔しない。

添えられる漬物、さらっとちりばめられたミョウガの涼。

終盤少し甘めになりすぎた口の中をリセットする。

むずかしすぎない、やさしい味は女性や子どもにおすすめだ。

うまい。

 

現場からは以上です。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【4時間リレー2017】「長い長いレぺということで」

先週の土曜日は大学主催の4時間リレーに参加。

ルールは1チーム15人程度で、1人400mトラック1周したらバトンタッチ。連続しては走らない。そして4時間たったところで何周できたか、というイベント。立ち上げたランニングクラブの初イベント参加だった!

さて我がチームの人数は6名での登録。まあ、6人いればなんとか大丈夫でしょうと鷹をくくっていたのだが、そこはトラック400mの競技を甘く見ていたというしかない。また、ちょっと想定外の出来事があり、中盤過ぎるまで軽ーく地獄が見え隠れする周回となった。

 

トラック内に基地を作り、開会式に参加。

f:id:TOMSAI:20170724191148j:plain

この時点で我がチーム3人。

3人?!

想定外。

1名が急遽参加できなくなり、2名が遅れます!との連絡。ちょっと雷鳴が聞こえる中、他チームが大人数で整列するところ、3人の我がチームは列に並ばず、後ろの方で参加二女の陸上クラブの保護者っぽい雰囲気で参列。この時点でスタート10分前。開会式を終えて基地へ戻りスタートを待つ。

当日の天気はリレーの間のみ雨の予報だったが、こちらは良い方向の想定外、うまくそれてくれて、リレー中は雨が降らなかった。しかし気温は高く、湿度バリ高。基地のテントを立てただけで汗だく。

 

スタート1分前。

我がチーム3人。

f:id:TOMSAI:20170724191153j:plain

スタート前記念撮影、半分やけの野球ポージング。

遅参2名の早い参戦を祈りつつ、4時間リレースタート。

 

1周目。

陸上トラックに若干テンションあがり気味、周りのスピードにもつられて、3人とも結構全力に近いペースで入る。

1周目で3人とも気づく。

これはやばい。

400m走きつい。

3人だと3分ちょっとしたら順番が回ってくる。

400mのレペだ。しかも夏の午後、クソ蒸し暑い時にやるもんじゃない。

 

3周目。

f:id:TOMSAI:20170724191200j:plain

1人JOG以下までペース落ちる。2週間ぶりのラン。

自分はこれは良いポイント練習になるかもしれんと、1周目は調子に乗りすぎたので、フルサブ4ギリのレペペース、1分48は切らないようにと目標を定める。

f:id:TOMSAI:20170724200645j:plain

400m走を甘く見てたなあ。普段インターバルは少しやるけど400mなんて持たないから、200mが関の山。陸上トラックの足に優しそうな雰囲気と、子どもからおじいちゃんまでみんなで頑張って走る雰囲気に後押しされながら、なんとか走れている感じ。

f:id:TOMSAI:20170724191306j:plain

しかし、ガチの駅伝チームや陸上部、自衛隊ランニングクラブはみんなすごい速い。ていうか人数もいるからそんな全力で走れるんだよと思いながらも、自分が全力で走ったところで全然及びもしないレベル。とにかくあとの2人が来るまで何とか倒れずしのがなければ。

 

10分後、朗報。

そらいろ(id:millequartz)さんから会場着いたとの連絡!

スタートからわりと早い段階で4人になったのはでかい。助かったー。

そらいろさん、基地に着くやいなや周回開始。4人になると休憩が2分位伸びるので、だいぶ息が落ち着くところまでいける。でもきつい、、、。

スタートから2時間、中盤ぐらいまでのペースは以下。

f:id:TOMSAI:20170724192513j:plain

はじめのラップはラップボタンではなくストップボタンを押してしまったので2周分。合間の休憩が5分になったところからそらいろさん参戦。

f:id:TOMSAI:20170724192517j:plain

休憩が5分になったところで、回数を重ねてくるとやっぱりつらくなってくる、、、。休憩が7分になっているところ、だんだんしんどくなってきたチームの状況を危惧し、別チームで参加していた、ランニングクラブ会長の知人を6人目のランナー、登録はしていたが急遽来れなくなってしまった人の代走として送り出す。厳密に言うとルール違反だが、大会の趣旨、みんなで頑張って走って達成感を味わおう、各々が走れる人いこうぜという雰囲気。周回数も各チーム自己申告に任せており、記録云々より楽しむためのイベントだ。

しかし、この助っ人がまた足の速いこと速いこと。

何やら話を聞くと、そこそこガチのスプリンターだったらしく、もうすぐ40の方なのに上半身逆三角形。ゆっくり行ってきますとはいうものの、うちらのそこそこ本気ペースで帰ってくる。みんなで「ゆっくりでいいですからー」とエールを送る。結局4本ぐらいの代走。貴重な休憩時間を作っていただいた。

休憩時間の間は、大学と関係の深い銀行の協賛で、かき氷、冷やしきゅうり、冷やしトマト無料。太っ腹だ。かき氷は3杯食べた。

f:id:TOMSAI:20170724191207j:plain

全力で走る他チームの選手を尻目に、細長い保冷剤でオタ芸をするチームメイト。

ほどよくやられてきている。

途中、大会本部では川本監督がマイクを握ってチーム紹介やらなんやらトークを繰り広げている。我がチームの紹介が聞こえてきた。

女性司会「〇〇ランニングクラブさん、6名での参加。意気込み(参加登録時にコメントしたもの)は「少数精鋭、楽しく走ります!」です!」

監督「いやいや、少人数では楽しくないですから!辛いだけですから、ガハハハ」

私「・・・。フフフ・・・。(走る楽しさをみんなで味わおうって言ってたじゃないか)」

 

しかし、もう1人の参戦が待たれる。

そう、ブタロウ(id:ssk31)さんの参戦だ。

エースがいないチームの状況はなかなか窮地に追い込まれている。2時間の中間地点をすぎて、20チーム中最下位の周回数。高齢の元気な方々達のランニングチームにも、小学生のチームにも負けている。5人だときついっす。

早くしてー。

 

そんな多少だれ気味になった、スタートから2時間半後、ブタロウさん参戦!

ちょっと疲れ気味のご様子だったが、着替えるやいなやトラックを駆け出す。

f:id:TOMSAI:20170724191222j:plain

もう一人、助っ人で送り出したうちの二女から激沈上等ランナーへバトンリレー。遅れを取り戻すべく、ブタロウさんが走る間隔を短くして走る走る。さすが、10km40分切りランナー。速いペースで終盤には最下位を脱出していた。

f:id:TOMSAI:20170724191243j:plain

ブタロウさんが疾走する間、疲れたメンバーは余裕の休憩。

チーム5人+助っ人で人数が増えてきた終盤は休憩もじっくりとれて、走り出してもペースを守るのに少し余裕が出てきた。

f:id:TOMSAI:20170724192521j:plain

f:id:TOMSAI:20170724192524j:plain

終盤はがっつり休憩しているのでキロ4分を切るペースを維持。でも最後の方はさすがに足も重くなってきた。

f:id:TOMSAI:20170724211510j:plain

あ、私もしっかり子ども達がいる前では上げるペース配分でがんばった。なるべく1レーンで。ランニングクラブオリジナルTシャツで。

 

終盤はほぼブタロウさんに任せる感じで、時間が過ぎるのもだいぶ早く感じた。はじめの30分はつらくてまだ30分しかたっていないという、あのマラソンでのありがちなマイナス思考でしんどかったのに。

 あと残り数分というところで、きり良く30周目が見えてきた。この頃になると、各チーム記念ランがはじまり、普通のお母さんとかおばあちゃん、おじいちゃん、子どもがバトンも持たずに集団でトラックを走りはじめる。30周目はチームメイトと二人で。そして最後のバトンパス

 

「残り時間1分です。皆さん最後ですよー」

司会の合図で、各チームはみんなでウイニングラン的な状態に。

我がチーム、ラスト1周を走るのはこの男。

f:id:TOMSAI:20170724191227j:plain

ブタロウさん。

遅刻したものの、終盤怒涛の走りで最終ランナー。

あ、後ろから何かくる。

f:id:TOMSAI:20170724191232j:plain

自衛隊

この暑いのに正装、中には重いザックを背負って走る人もいた。彼らがいれば何があっても安心だ。

 

そしてゴール。

4時間リレー完走。20チーム中18位。

周回数142周(1位は221周)。

初めてのリレーだったが、1人で走るのとはまた違う楽しみを味わうことができた。やっぱり走るのは面白い。また機会があったらこんなイベントに参加してみたいな。(開会式の時に主催者の監督があいさつで、今年で終わり!と言っていたのが少し寂しいかも)

 

大会終了後はチームは解散(チームのお楽しみ打ち上げはまた後日!)、二女が所属する陸上クラブではそのままBBQに突入。

f:id:TOMSAI:20170724191332j:plain

肉食って、スイカ割して。

f:id:TOMSAI:20170724191349j:plain

終わらない鬼ごっこを眺めながら、1人ビールでお疲れさま。

 

 楽しい4時間リレー、400mレペ30本でございました。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村