【速報】第4回はが路ふれあいマラソン

2つの目標はどちらも達成できなかったけど(トイレ行っちゃった)、PB10分更新上出来上出来!昨年のリベンジは果たした!

びあーさんともいろいろ話が出来て、これで来週寂しくない。LD(ラストダッシュ)も見せれたので今回の大会で思い残すことはない(トイレは別。一番悔しい。)。

はが路ふれあいマラソンさん、ありがとうございました。また来年。

f:id:TOMSAI:20171217152457j:image

はが路ふれあいマラソン2017前日

いよいよ明日ははが路マラソン。

年内最後のフルマラソン、楽しんでいこう!

 

目標は3時間45分以内。

想定ペースは以下の通り。

f:id:TOMSAI:20171216104344p:plain

昨年作成したペース表を2017年版に。高低差にペース、通過時刻、補給予定が重なり、全体的に流れが見通せるもの。数式入れたりなんだりと昨年の気合いはすごかったと自分でも思う。あ、年月日変えてねえ。

ポイントは10km~25kmまでのアップダウンをどうしのぐか。先が見渡せてしまうジワジワくる登りもあったはず。昨年は気力十分でそこまできつい感じはしなかったが、無理をすればやはり後半に大きく響いてくる。あと、20km手前の激下りは思ってた以上の傾斜なので要注意だったな。

昨年は36kmあたりで足が爆発したが、本来であれば、30km~38kmは下り気味のほぼフラットで勝負できる区間のはず。ラスト40kmの坂を根性で登りきるには、その前の区間でいかに調子に乗れるかにかかっていそう。

あとは3時間45分「以内」と言っておきながら、10秒ほどしかアドバンテージを見ていないチキンなペースなので、いっそのことフル4回目なのに舞い上がって、オーバーペース気味に突っ込んだらそれはそれでいいんじゃないか。また地獄を見るがよい。

あ、あとできればトイレ行かないのも目標に。当日朝からは体内に保水しやすい経口補水液を取ったほうがよいというのをどこかで見たのでそうしてみようか。看護職の妻に言わせると「あれってポカリの薄めたやつでしょ」ってことらしいが、今回は嘘だと信じたい。

 

さーてさて、ワクワクし出したね。

仕事もほどほどに準備して行こうか。

あ、今回は前泊を初の車中泊で。

体が痛くならないかちょっと不安、、、。

NIKKO ULTRA シーズン2【第2回日光100kmウルトラマラソン】

ついにきた。

f:id:TOMSAI:20171214183002j:plain

NIKKOウルトラマラソン、シーズン2。

あの感覚を忘れてきた、いや、薄れてきたころにやってきた。

シーズン1で無謀にもウルトラマラソンの世界に足を踏み入れ、命からがら生還した。シーズン2ではこの1年でいろいろな経験を積み、また新たな世界を見せてくれるはずだ。ウォーキングデッドシーズン1からシーズン2の流れも似た感じだ。

シーズン1でリックたちは、激変した「ウォーカーがいる世界」に翻弄されながらも何とか生き延びた。シーズン2ではその変わってしまった世界で常に身の危険を感じる極限状態の中にありながらも、身を守るすべを身につけ、生きること、前に進むことを選択していく。

私のNIKKO ULTRAシーズン2もそうなるはずだ。私もちょっと強くなった足で、今度もひたすら前に進もうとするだろう。

 

そう、エントリーする。

NIKKO ULTRAシーズン2、カミングスーン。

 

第1回と変わった点

はい、それでは現時点で第1回とどこが変わったか見てみよう。

 

①開催時期が2週間早くなった!

第1回は7月の頭。夏本番になるころで、私も初ウルトラに参加するにあたり、一番不安に思っていたのは気温の問題だ。マラソンは暑くなると走れなくなる。ピーカンになったらかなり怖い。気温が30度を超えれば、走ることに限らず、運動すること自体十分注意をしないと命にかかわることさえ出てくる。

第1回は曇天かつ気温がそこまで上がらないという、この時期にしては最高と言っていいほどの天気だったと思う。日差しが強く、もっと気温が上がっていたら間違いなく私は完走できなかっただろう。良い気候条件で制限時間ギリギリだったのだから。

2週間早くなったからとはいえ、6月にも入れば30度越える日は当たり前になるので、若干良い気候条件で走れる確率が上がったかなというぐらい。しいて言えば梅雨の時期で、多少小雨が降るぐらいがもしかしたらいい条件となるのかもしれない。

 

②スタート、ゴール地点が変わった!

f:id:TOMSAI:20171214185959j:plain

コースの大まかなルートは変わらず、スタート位置が変わった。前回だと市街地から山へ向かって上り、10数キロ言ったところで世界遺産だったが、今回はスタートが世界遺産日光東照宮のすぐそばで、よーい、どん、はい東照宮!といった感じだ。

メリットを考えるなら元気なうちにいろは坂を登れることか。いや、一つ間違えば序盤も序盤で足を使いきり、以降地獄ということもありうる。ただ、やっぱりだらだら20kmぐらい上っていろは坂よりは格段に登りやすいことは間違いない。

デメリットを考えるならば、スタートの標高が高ければ一旦下界の市街地に下りるわけだから終盤はずっと登り。前回も終盤登り基調の細かいアップダウンはあったけれども、今回はひたすら登りになるので、こいつは精神的にも肉体的のもきついだろう。高確率で「ウォーカー」になるはず。

 

③アーリーエントリー特典が変わった。

f:id:TOMSAI:20171214190832j:plain

前回は第1回ということもあって初回特典はちょっと豪華だった。

f:id:TOMSAI:20170703194340j:plain

ノースフェイスのバンダナみたいなのに箸とピンバッチ。

バンダナは意外と小さかったと批判もあったようだが、コンパクトで私は良いと思った。意外に良かったのがこの日光杉で作った箸で、妻がすごく持ちやすくて掴みやすいと絶賛だった。そう、この箸は妻に盗られた。これを考えると今回はちょっと微妙か、、、。ただ実際にものを見てみないと分からないけれど。それより事前の情報だと、第1回から連続で参加する方には特典があるみたいなのがあったので、それが今後出てくるかが気になるところ。

 

現時点での主だった公開情報はここまで。相変わらずのエントリー料金だが、この大会に限らず、ウルトラの世界は独特なものがあるもので、やっぱり走ってみないと分からないことがたくさんある。100km走ったと言えば世間から変人扱いされるかもしれないが、変人上等、なんとか頑張ればひとつの勲章が手に入るものだ。私はその勲章を大事にしたいし、これからもその勲章を少しずつ増やしていきたいとも思っている。