9

ランニングを始めてから今まで9足のシューズを履いてきた。

 

1足目はSaucony Kinvara4。

f:id:TOMSAI:20160130090203j:plain

そいつはジムやらでの室内履きと化した。

初めてのシューズはもちろん何にしたら良いのか分からないので、ネットでいろいろ調べたり、その当時から(今も)よく読んでいるブログの方が履いていたKinvaraがあまり誰ともかぶらず、かつ、安かったのでこれにした。それ以降、NB1足、Kinvara4の色違いを経て、私にとってランニングというものをより楽しくさせてくれたシューズに出会った。

f:id:TOMSAI:20160118153244j:plain

Onのシューズ。

当時、雑誌やらネットといろいろ見ていると奇抜なソールではあるけれども、スタイリッシュなそのシューズがとてもかっこよく見えた。が、ランニング始めたてはランニングギアに対しお金をかける、もしくはかかるということは自覚していなかったので、1万以上するOnのシューズは高嶺の花だった。

ところが。

アウトレットでなぜか、SALE対象になっているOnのシューズを発見する。これは何かの事情があったのだろうが、今はもうSALEになるなどほぼないだろう。そのSALEの金額もとんでもないたたき売り価格だったので、クラウドサーファーとクラウドランナーを購入した。その時クラウドレーサーもあったが自分にはまだ早いと選択しなかった。自分にとって良いのか悪いのかよく分からないままだったが、微妙な感触のシューズにランニングに出るのが楽しみになってきたように思う。

それから1か月後ぐらいだっただろうか。同じアウトレットへ行くと、さらにSALE価格になっているOnを目にする。今では本当に考えられない。定価の10分の1近くになってもまだ売れないで残っていたのだ。そこでは迷わず、クラウドレーサー2足を購入。今思えば、もう一足ぐらいサーファーとか買っておけばと思ったが、ゴム製品であるし、経年劣化もあるからしょうがなし。

で、その1足目のクラウドレーサーがいよいよ寿命に近づいてきた。

f:id:TOMSAI:20170623170126j:plain

アッパー、サイド、あながガンガン空いてきた。というか、割と速めに小さい穴は空き始めた。この頃のモデルは耐久性が良くなく、次のモデル(あの緑のやつ)はアッパーのテーピング形状等が変わって良くなったようだ。このシューズで走った距離は約400km程度。意外とランニングシューズってすぐ消耗するもんなんだと教えてくれたりもした。この姿かたち、色合いがとても好きだった。ここからはずっとOnのシューズで走っている。これからはどっかで浮気はするだろうが、基本Onのシューズに期待をしている。

日光ウルトラはOnのクラウドで行く。先日のCBSで履いたやつ。ただ、今回は紐をゴム紐に戻そうかとも。速く走るわけではなく長時間なので、足のむくみをより見込んだ仕様にしたほうが良いかも。いわきフルはゴム紐で足裏は痛くならなかったし。

 

ランニングシューズは大事な相棒。

選ぶのも楽しいし、履いてみてその個性を味わうのも楽しい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村