読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブ4しか見えない【第8回いわきサンシャインマラソン】スタート~中間地点

大会
いよいよスタート

ゼッケンのBを腕組みで隠し、その時を待つ。少し緊張。

午前9時。

バン。

いよいよサブ4のチャレンジが始まった。

 

【S~5km LAP30’20”(目標29’10”)】

走り出すとやはりテンションも上がるもんで、緊張が解け、やる気がみなぎる。しかし、参加者9000人ではなかなか進まない。スタートゲートまでのロスは約3分。ゲートから陸上競技場を出て幹線道路までの区間は特に道幅が狭く、全然進めない。幹線道路に出ると今度は上りになるので、みんなペースが落ちさらに渋滞。これは前回も経験済でしょうがないこと。

最初の1kmは7’06。

おい。さすがに心配だ。

が、今回は違う。結果がすべて。初めにオーバーペースになるぐらいなら遅い方が良いと思うようにした。これははてブロランナーさんに教えてもらったことだ。中々前に進めず、忍者のごとく身をかわして、間をすり抜けて前に行きたい衝動に駆られるが、何度それで失敗したことか。かわすのは最小限。

次、2kmは5'57"。

良い良い。これで良い。

2kmを過ぎたら少し間隔に余裕が出てきて、ペースを自然と上げることができた。スタートから2kmのロスが大きかったが、5kmまでの設定ペースは5'50"なので、遅くなった分つじつまを合わせるためにちょっと速くということも我慢した。2km以降、上った後に気持ち良く走れそうな下りに入るが、そこもグッと抑える。下りで挽回。この考えも序盤は捨てた。

最終的に初めの5km、目標より1分遅かったが全然焦らなかった。逆にこれで後半の足のために温存できたと思えた。そこも前回のはがマラソンの時と違う点だ。はがでは明らかにおだっていた。*1

 

トイレタイム競り負ける

【5~10km LAP28’57”(目標28’45”)累積59'16"(目標57'55")】

序盤は結構アップダウンがある。ここで足を消耗しないためには無理をしないこと。最初の5kmのロスをこの区間で取り戻そうということも特に考えなかった。冷静だった。ただ体は温まってきたので、体が徐々に動き始めてくる。足もテーピングをしっかりしたおかげで大丈夫そうだ。

良いぞ。風はちょっと強くなってきたが、、、。

ちょっと寒いな。

おしっこしたい。

きたな尿意。スタート前まで理想的なトイレライフを送っていただけに、序盤の尿意は悔しかったが、このまま尿意について考えながら走るのは嫌だ。細目に置いてある仮設トイレに目を凝らし始めたのが実は5kmぐらいから。尿意早い。仮設トイレが見えたら、生まれ持った目の良さを生かし、鍵の赤青を確認する。

9km付近、去年ワイナイナに抜かれた上り坂手前。3つの仮設トイレ確認。あと100m弱。一番右端のトイレから人が出るのを確認。並んでいる人なし。

あと少し。まだ誰も入っていない。

今だ。

すっ。

右前方からなぜかストック(山登りをする時に使う補助具みたいなやつ)を持ったおじさんが前を横切り、右端のトイレへ消えた。

競り負けた。

しかたなく待つこの焦り。少しロスもしてたし、トイレタイムは少しでも早くしたい。幸いにも左端が2、30秒ぐらいだったろうか、出てきてすぐトイレに飛び込んだ。今までにないぐらいの勢いで用を済ませ飛び出す。トイレタイムありつつもロスはそのまま。良いペースで走れていたようだ。

 

何もないのは良いこと

【10~15km LAP27’20”(目標28’20”)累積1’26'30"(目標1'26’15")】

ワイナイナの坂を登りきると海岸へ向かって海沿いに出てから折り返し中間地点まではほぼ平坦になる。沿岸部に入るといわきサンシャイン名物の大漁旗がある応援のすごい区間に。ここは目標ペース5’40”に対し約5’30”のペースで巡航した。心配していた風はというと、海岸に出るまでの間、割と追い風傾向にあった。なのでワイナイナの坂辺りもグッと背中を押してくれたりしていたのだ。かなり見方をしてくれた。最後までそうだといいのだが、コースの都合上そうもいかない。案の定終盤は風が手強い敵になる。それはまた後ほど。

海岸沿いは応援が多い。とても気分が良く走れる。ここから折り返しのランナーとすれ違うから、折り返してくる速いランナーを見ながら、そっちは向かい風かとか速い友人がいないかなあとかいろいろ考えてたらあっという間に過ぎた区間だった。ロスを1分縮めてほぼ目標ペースに!

 

【15~20km LAP28’00”(目標28’20”)累積1’54'38"(目標1'54’35")】

自分も折り返すと、折り返しに向かう友人をまた探しながら、また大勢の応援を浴びながら気持ち良く走る。友人は一人見つからずだったが、インスタのフォロワーさんは発見でき声をかけれた。まだまだ余力もあるしなかなか調子の良い感じだ。この区間でも目標ペースより若干速く走れた良い区間だった。もうすぐ半分。だんだん風が強くなってきていて、折り返してからの向かい風区間は結構しんどかった。この先のコースのことを考え、この区間は向かい風になるかなとか、終盤のふたコブのアップダウンは上りで追い風になりますようにとかそういうことを考えていた。旗を持って応援してくれる大勢の方々には心の中でありがとうをしていた。

順調順調。

あっ。

何もブログに書けるような面白いことが起きていない。

前回だったらワイナイナにびっくりとか初のジェル補給でゲェーとか放屁が止まらないとか何かしら書けるようなことがあったのだが。

何もないよ。

それでいいのだけれど。

 

ここからが勝負だ

中間点通過。2'00'30"。

よしよし。足はまだまだ残っている。中間過ぎて激坂と終盤のふたコブが待っている。去年とは明らかに違うこの感じ。ここまで8km毎に忘れずに補給も取っている。尿意ももう大丈夫そうだ。中間過ぎてから、坂区間のペースは落とし気味でも、その他は5'30"で上げていく目標だ。

いける。

後半勝負だ。

 

つづく。

*1:福島の方言で、調子に乗っているという意。言われると恥ずかしい。