読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天国と地獄【はが路ふれあいマラソン2016】天国②スタート~20km

気合みなぎるスタート

気合十分。いよいよスタート。カウントダウンはなくあっさりと。

20kmまでの高低差と10kmまでのラップ。

f:id:TOMSAI:20161220161934p:plain

f:id:TOMSAI:20161220162103p:plain

スタートロスは2分ぐらい。やはりスタート直後は混雑する。4時間ペーサーがいる周りは特に。スタート直後に気をつけたのは気合十分すぎてオーバーペースになること。ペース表の記事の時に、はてなブログランナー、naoさん(id:saitoh_naoki)から頂いたコメントを頭の中で繰り返しながら走る。「最初の5kmは5分40~45と余裕を持たせた方が、、、」よし、最初の5kmは遅くていい。5分40ぐらいを目標に。遅くていい。遅くていい。

2kmラップ確認。5分15。速い。下りだったし、、、。

3kmラップ確認。5分22。速いって。

4kmラップ確認。5分27。んー。

5kmラップ確認。5分31。トータル27分23。おっ、いい感じじゃないか。表通り。

おい、アドバイスコメント忘れてるぞ。抑えよう抑えようと思っても気合十分過ぎて、、、。そして沿道の応援も凄かった。お年寄りから小さなお子さんまで、皆さん声援をくださる。特に多いなと思ったのが太鼓の演奏。今まで出た大会の中で一番多かったと思う。やっぱり日本人。太鼓のリズムを聞くと上がる上がる。ペースもちょっと上がる。10km通過。54分38。目標に対し30秒マイナス。まずまずではないか。8km過ぎにはソフトフラスクから少し補給もした。ソフトフラスクはいい。今回ソフトフラスクにメダリスト3つ分と予備そのままで1個携帯したが、全部入れたい。結構補給が楽になった。あともう一つ、最大の懸念事項の左足裏の状態。2,3kmの時点でフワっと気になるときがあったぐらいだった。もう少し走ってみないと分からないがこの時はなんとなくいけそうな雰囲気はあった。

 

どこまでもこのままで

10km~20kmのラップ。

f:id:TOMSAI:20161220165328p:plain

10km過ぎて、ここから徐々に上り基調になってくる。気になっていた実際の勾配はそれほどきつい感じがしなかった。今、高低差を見ても、普段走っているところとほぼ同等。これならいける。坂がきつくなる15km~20kmは5分50ぐらいでもいいならいける。上りで意識したのは、これまた、はてなブログランナー、びあーさん(id:beer_beer)の記事の中の一言。「急坂を登る時はお尻で登るのがコツ」。お尻で登るのがコツ。足先だけで登らない。腕振りと腰回りが連動するように。お尻を意識して。すごくいけてる気がしてた。実際、そこそこの坂もそれなりに登れている。本当はもう少し落としても良かったのだけれども。いける時に、、、なんて欲も、、、。

f:id:TOMSAI:20161220171745j:plain

足もまだ大丈夫。心拍もそれほど乱れていない。調子がいい。

いける。

いける。

そして何より楽しい。

天気はいいし、声援は温かいし。

気分がいい。

天国だ。

どこまでも、フル超えても、5分半ペースで行けそうな心持ちだった。

 

20km通過。目標1時間51分40秒に対し1時間49分55秒。

少しではあるけれども速いペース。ペース表をトレースできてはいない。

この時は天国モードで羽が生えていたから分からなったのであろう。

 

今思えばこれが地獄の始まりだったかもしれない。