読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂ダッシュとAPPLE MUSIC

日々の練習

先日のハーフの反省、課題を踏まえ早速坂ダッシュをした。

https://www.instagram.com/p/BLvxl57hFVE/

約150mを20m程度上る。今回トップスピードをそこそこ上げることができた。少しずつだが成長しているのかもしれない。前エントリーで書いたランニングスタイルフォームチェック動画を頭に浮かべながら走っている。今月は今現在走行距離107km。今月は150kmを越えれそうで、これから先はアベレージ150km以上走れるようにやっていきたい。坂ダッシュ翌日はお尻周りが筋肉痛。鍛えられている証拠かと思うと筋肉痛も喜びに変わるというもの。

 

さて、ランニングのお供であるミュージック。

最近ミュージックはAppleMusicからがほとんど。

www.apple.com

まあ、皆さんご存知のというところだが。今はなにやらスポなんとかというやつも出てきているようでこれからこの業界が活発になってくれるとユーザーとしては面白くなって楽しみである。AppleMusicの前はAmazonMusicでいろいろ探したが、やはりそこは無料の限界であろう、曲数が桁違い。月額980円で聞き放題でこれだけのラインナップがあるのであれば、もう私的には〇タヤはいらない。それほどAppleMusicは充実していると思う。ランニング後、アイシングをしながらプレイリストに入れる曲を探すのが日課となっている。ただひとつ今、どうなのかなと思うのはAppleMusicのインターフェイス。ちょっと前にデザインが変わったのだが、、、。

 

https://www.instagram.com/p/BK0BZRkhNTD/

 

このゴシック感がどうもなじめない。Appleのスマートさというか品のよさというかそういうものが感じられなくなってしまった。「一周回って良い」とかそういうことなのか。まあ、慣れてしまえばそれはそれでどうでも良くなるのかもしれないが。

 

ここ最近自分の中でヒットしたバンドをひとつ。

アメリカのポストロックバンド、ドン・キャバレロ

www.youtube.com

曲中の拍子が変わる感じ、脳内に回るギターリフ、鋭いドラムビート。テンションがあがる。フルマラソン中盤、だれるメンタルにひとつ刺激を入れるときに流したい曲。

 

はが路のフルは音楽聴きながらいってみようかな。