読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEW RUNNING SHOES 

昨日ランニングシューズ3足目を購入しました。

ちなみに1,2足目はどちらもサッカニーのKINVARA4。

 

 本格的にランニングするにあたってやはりギアは大事と思い、いろいろ調べた挙句、1足目はKINVARA4にしました。前の記事でも書きましたが、私、あまり人とかぶるのをあまり好みませんで、ニッチなところに輝く光を見出すことに快感を覚えます。KINVARA4がそうかどうかは微妙ですが、今までの3大会でサッカニーの人を見たのは1回だけ。まあ、個人的趣向の問題ということです。

 とはいえ、ABC靴屋さんにて試し履きした時に、今までの運動するときに履いてたごくごく一般的なトレーニングシューズに比べてとても軽く、あ、こいつは速く走れそうだと感じたのは事実で、ネットの批評と合わせて決定したのです。あまり見ないのは販売店が限られているのからなんですかね。

 1足目購入が今年4月。大人になって初のマラソン大会10kが5月。それから月100k前後走ってたら、9月半ばごろから、つま先薬指から小指のところのメッシュ生地がほつれてきました。もともと歩くとき、足底は外側に体重が乗るタイプ(O脚?)で靴底は外側から減っていきます。その影響もあるのかなと思いながら、ネットではランニングシューズの寿命は600kからなんて記述も見るので、いよいよ寿命なのかと。(にしても早いよと思いつつ)で、初ハーフ前に1足目のKINVARA4に愛着もあったし感覚も分かるので、色違いをネット購入。またKINVARA4を選んだもう一つ大きな理由は、KINVARA5が出て、型落ち値下がりしたこと。財政は緊迫しているからです。

 初ハーフ、2回目のハーフは2代目KINVARA4で走りました。そして初代KINVARA4は練習用に。ただ、前述の通り、初代のクッション性が薄れ、とても硬く感じるようになってきてしまったので3足目購入に踏み切ったわけです。

 もちろん財政は緊迫しているので、アウトレットのABCに行き、まずは予算最低ラインのシューズでもって検討開始。店員さんとなんだかんだやり取りしながら試し履きしているとかみさんから「は?!また買うの?!」。そんな痛烈な横槍を潜り抜け、最終候補に残ったのが、サッカニーのハリケーン15とニューバランスのM980。

 まずどちらももうすでに型落ちで値下がりしており、サッカニーのハリケーンは4000を切り、ニューバランスM980は5000を切っている次第。予算的にはまあ、どちらでも良し。今回は主に練習用、長い距離を走るのに、クッション性を一番重視して考えておりました。

 2足履いてみるとまだひよっこの私にも分かるくらい違いがありました。端的に言うと、ハリケーンは機械的、M980は自然体。

 ハリケーンを履くとどことなく機械的な印象を持ちました。カチカチした感じ。前後高低差8mmはどうなんですかね、走ってみると前傾しやすく楽なんでしょうか。もともとの値段設定は12000前後なんでそれなりに良いモデルと推測。KINVARA4の時は普段のサイズより0.5多きサイズを履いていて、ハリケーンも同様、1サイズアップがベストのようでした。

 それに比べて(試し履き時は左にハリケーン、右にM980を履いてみた)M980はとても足触りが全体的に優しかったんですよね。底から横、甲の部分まで全体的に。ハリケーンのごつごつ感、プラモデルの戦車に足を突っ込んだ感じに比べると、足が大福の生地に包まれているイチゴのような感覚(いちご大福ってやつ)を覚えたのです。分かりにくいと思いますがそう思ったのです。

 このようにして3代目ランニングシューズが決定しました。早く走りたいです。

 

 

【土曜日のHASHIRI】

JOG 6.7k 41:40