読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初峠走

いろいろな練習のバリエーションがあった方が飽きない。コースもしかり。

先週の日曜日はいつものコースの距離延長した30km走をしたが、今週は来月末に控えた66kmのウルトラに向けて、きっつい上りも経験しておこうということもあり、温泉までの峠走を考えた。なんとなく一人だとやばそうな感じがしたので、前日にRUN仲間にLINEして一緒にどうかのお伺い。5時半集合は早すぎると却下されたものの、快諾いただき、初の峠走と相成った。

 

峠走コース

峠走については岩本能史氏のブログでも峠走の有効性を説いている記事があるのでご参照あれ。

http://blog-nob.jugem.jp/?day=20150301

家から山の温泉までの距離をグーグルマップで計ったら15kmちょい。あら、良い感じかも。地元なのでもちろん道の傾斜がどうなっているかは把握している。行きはずっと上りでゴール付近は斜度がきつくなるのが理想だそうだ。このルートだとそこまで斜度はきつくないが同じような雰囲気は出そう。走った結果のコース高低差はこちら。

f:id:TOMSAI:20170403090523j:plain

おー、そこそこ綺麗な富士山型してるじゃないか。今回初めてということもあり温泉街へと降りたため、頂上付近で下ったり登ったりしてるが、次は岩本氏提唱の練習方法に近づけ、頂点まで行ったら休まず下りへとなるか。

 

初峠走は良い感じ

初峠走のサマリー。

f:id:TOMSAI:20170403093503j:plain

f:id:TOMSAI:20170403090528j:plain

距離は今後続けるには若干長くて結構負担かなあとも思うが、そこはスタート位置を変えたりして調整はできる。今回心拍はあまり上げれなかった。上りで最終的には180ぐらいまで上げたいところ。

家から4kmほど行ったところで待ち合わせ。そこまでアップジョグ。二人とも6時半きっかりにポイントにつき、挨拶もそこそこに峠走スタート。

f:id:TOMSAI:20170403181926j:plain

天気はすこぶる良かったが、気温はちょっと低め。歩道のあるところでは併走し、無いところでは後ろ前交互に。スタートしてからは傾斜はきつくないがずーっと上り。本格的な坂になるまで結構距離があって、これ、一人だと結構だれそう。なんだかんだ話ながら行けたから気がまぎれた。

f:id:TOMSAI:20170403090234j:plain

畜産研究所を通り過ぎる時、肥やし臭きつめ。

f:id:TOMSAI:20170403182558j:plain

いよいよ本格的な坂へ。上りがきつくなり始めてから、頂点までは3kmぐらいか。

f:id:TOMSAI:20170403090248j:plain

お互い引っ張り合いながら、なんとか上りきり前方に温泉入口が見えてきた。写真を見て分かるかもしれないが、高くなるにつれて少々路面凍り気味。場所によってはツルツル滑って怖かった。下りはやばいなあなんて思いつつ。

f:id:TOMSAI:20170403090310j:plain

目的地入口。うん、なかなかの上りであった。このルートは5月末のウルトラでは帰り路の予定。

f:id:TOMSAI:20170403090324j:plain

到着。

土湯温泉。昔に比べたら活気がなくなりつつあるのがとても寂しいが、良い湯なんだよなあ。高校の時仲良かった友達に、この温泉の旅館の息子がいて、良く遊びに行っては夜な夜な麻雀をし、温泉に入るという贅沢なことをしていたっけ。

f:id:TOMSAI:20170403184112j:plain

こけしが有名。

f:id:TOMSAI:20170403184133j:plain

観光案内所の近くから沢を登ると足湯と吊り橋がある。

f:id:TOMSAI:20170403090354j:plain

少し硫黄入りの足湯。時にはここで温まってなんてのもいいかも。たまに猿なんかもいるらしい。

f:id:TOMSAI:20170403184124j:plain

東屋でランニングクラブのオリジナルTシャツの話しをしたりして休憩。結構気温は低かったので、徐々に筋肉が固まりつつあり、こいつはやべえなと早々に下り路へ。

f:id:TOMSAI:20170403090406j:plain

少し時間が経ったからか、下りの路面はOK。少し筋肉は固まったが、下りの傾斜に任せて、4分切るペースのところもあり。いい感じで前ももに衝撃が加わり、着地筋、鍛えられたでしょう。途中、分かれてからはちょいペースを上げてほどよい下りにて家路を目指し、初峠走終了。

 

初峠走を終えて

家からの距離、峠の程度からしてもかなり良さげのコースなのではないかと思う。今回は二人だったが、一人であればもう少し距離を短くして追い込めた方が良さそう。何よりも岩本氏が提唱する通り、いろんな面で鍛えられる峠走は今後のメイン練習のひとつになるだろう。月に2回はやりたい。また、今回をもってランニングクラブ発足とし、初の練習会と位置付けた。今後はこういった一人ではやりづらい練習を同じ趣味を持つ方々と共にやっていけたらいいなあ。今現在2名。何かしら人と共有できるものがあることは良いこと。モチベーションにもつながるし、あらたな出会いもあるかもしれない。何事もやってみないと分からないもんだ。

 

上々の初峠走でございました。

水曜日、インターバル、グレートレース

水曜日は、、、。

月曜日はいいことがあり~♪♪

火曜日はいいことがあり~♪♪

水曜日はいいことがあり~♪♪

 

水曜日はインターバル。

https://www.instagram.com/p/BSORYcWBXSO/

2月末から始めて今まで、なんとなく1本250mにしていたが、今回からなんとなく200mにした。50m短くした分、1本1本を終盤だれずに行けるようになったが、楽にしただけではしょうがないので、本数増やしてやることにした。無論相も変わらずしんどい練習だ。200mの1分レストで10本。

1本目42秒。

2本目~10本目まで43秒。

なんとか最後までスピードは保てた。

心拍も150から落ちることなく上は182まで上がった。

1ヶ月ちょっとインターバルを取り入れてから、スピードも少しずつ付いてきたのかな。当面、キロ5ちょうどが苦も無くハーフぐらいの距離は走りきれるようにしていきたい。

 

グレートレースのあたらしいやつ

「グレートレース」の単語で番組予約してたもので、新しいものが録画されていたのを見る。

https://www.instagram.com/p/BSL4kxchvDs/

見始めるのが遅い時間になってしまい、二日間にわたってみる。

私がのんびり二日間でテレビを見ているかたわら、このグレートレース「イギリス大荒野厳寒420km」を五日とか六日とかかけて走っている。相変わらずクレージーだ。内容はぜひテレビで見ていただきたいのだが、トップに入る選手達はほぼ寝ずに走っている。途中立ったまま固まったりしている。足は腫れるは、肋骨は折れるは、眠いはで皆満身創痍。100人いたら95人ぐらいは、なんでそんな思いして走るのさって聞くだろう。人によってはハーフの距離だってそう思うかもしれないのに、420kmって。

この大会で毎回トップ争いに絡んでくる選手は言う。

「自分の限界がどこにあるのか知りたい」

見てると、どう考えてももう限界超えてるでしょって思うのに、彼らはひたすら前に進もうとしている。優勝を狙っている選手が、終盤思うように走れないことに悔し涙を流しながら走っている。みんな自分と戦っているんだなあ。前に、鏑木さんが超長距離のレース走っている動画で「人間は思っている以上に頑張れる」って言ってたような記憶を思い出した。そういうこともあるのかと思う反面、実際そういう場面になってみないと分からないよなあとも思う。

 

缶チューハイ片手に、ポッキー食べながら、一人、妙に頷きながらテレビを見ていたインターバル後の夜。

 

日曜日は今までやったことのなかった、峠走をやってみようと目論んでいる。

超長距離耐性なし

スタミナがまだまだ足りない。

5月と7月にウルトラを控えているので、とにかく長い距離を走れる足を作りたい。ウルトラの練習をどうしたらいいのかは初めてだから分からないけれども、ネットを徘徊して、参考になりそうなサイトは見つけた。そこにもあったが、ウルトラの練習では大会と同じ距離を走る必要はないし、速く走る必要もないが、1回の練習の距離は少しでも長くしたいところとある。長~い距離を走る練習を増やさないと。

土曜日はJOG2.5km+10kmのペース走(5’00)+JOG2.5kmの計15km。

日曜日は30kmを3時間弱で。

しばらく週末は最低でもこのぐらいの距離を走りたい。これで30km走は3回目ぐらいだけど、練習でもって一人で30km以上走るのにまだまだ慣れてないなと実感。25kmまでは5'20前後で気持よく走っていたのだが、それ以降、なんかガクッときた。朝食も補給も取ってないのでエネルギー切れだろうけど、足もぐっと重くなって、ラスト2km続く上りは瀕死状態。こんなスタミナでウルトラ持つんだろうか。これが本番だったらあと70kmどうすんの。ペースを考えて、補給もして延命したとして、残り20kmでこの状態とかなったら、そん時の絶望感はいかばかりか。そうなるんだろうな。そこからの限界チャレンジが今回の挑戦する理由でもある。自分に完走できるんだろうかという未知への好奇心。今、現時点では8:2で恐怖になってしまったが。

 

さて、今朝はみっちりなごり雪

f:id:TOMSAI:20170327182358j:plain

10cm程度。まあ、年に一度はあるよね。水分みっちり含んだ湿雪。もうすぐ春とは思えない光景ではあるが、間違いなく春はすぐそこ。

絵心ない人がランニングクラブのTシャツを考える

仕事が落ち着いたところで、結成予定のランニングクラブのTシャツを勝手に考え始めた。

f:id:TOMSAI:20170324200940j:plain

これが結構楽しい。

全然使いこなせないイラストレーターでもって、フォントを拾ってきては並べ、どこかで見たことがあるようなデザインをオマージュ(パクリ)しているだけだが楽しい。ちょっと前に流行ったあのオリンピックロゴデザイナーの気分だ。ゼロからやろうと思ったらほんとデザインって難しいし、センスが必要だなあとつくづく思う。美術的センスってどうやって身につけるんだろ。小さい頃から絵をかくのが好きで、いろんな絵を描き続けるうちに身についていくものなんだろうとは思うけど。あ、それは絵を描く技量の面であって、そっからのセンスはまた違う話か。そういう私は全くもって絵心なし。三女に「アンパンマン書いてー、ドラえもん書いてー」と言われ、ちゃちゃっと書くのだが、十中八九、「キモーイ」と、まだ三歳にもならないやつに言われる。アンパンマンドラえもんというド定番のキャラクターでもってその程度である。自分では絵心がないことは十分認識している。絵が上手い人と絵が下手な人の差って、「線」をすっと描けるか描けないかにあると自分では思っている。私自身、線がすっと引けない。基本、ぐにゃぐにゃってなる。線がぐにゃぐにゃの絵って原則気持ち悪くなりがちだと思うんです。

イラストレーターだったら、ぐにゃって書いてもすっとした線にできる。たぶん。今回は特に絵を描こうとはしていないけど、ロゴ的な物を描きたいなあと思っても、具現化できないだろうな。そもそもデザインが思い浮かばないか。などと言いつつも、イラストレーター、もっと使いこなせるようになりたいなあ。イラストレーターを自在に操れる男に。イラストレーターできるってだけで「デキる男」感が出て、モテそう。いいなあ、モテるデキる男。

 で、デザインするのはいいけど、作ってくれるとこ探さなきゃ。今のところ会員は二人だけだし、ごく少量でできる方法で。

 

そして練習会を企画中。

コーチの日程調整中。

陸上クラブ体験

陸上クラブ初体験

先日の土曜日、二女が近くの大学で運営している陸上クラブの体験に参加した。

https://www.instagram.com/p/BRwwBPehEkG/

二女のもしかしたら秘めているかもしれない可能性と、走ることが超大好きとまでは行かないまでもわりと大きめの好奇心をちらつかてせている現状を信じ、体験に連れてきてみた。

登録は100人ぐらいだが、実際には毎回30~40人ぐらいの集まり具合だそう。今回も30人強だったか。誰に似たのか、二女はわりと臆することなく初対面の子たちと打ち解けやすい性格ではある。幼稚園の頃なんかは、特技がお友達作りといっても良いぐらい。初めて遊びに行く場所場所で、いつのまにか知らないこと遊んでいることが結構あった。さすがに小二超えると恥ずかしさもあってか、初めのうちは遠慮がち。その辺は多少成長(?)を感じる。低学年保護者の方が気を使ってくださり、「一緒にやってあげてねー」と声をかけて頂いたし、コーチも大人数の生徒がいる中、ちょこちょこ声をかけて頂いていたので、とても楽しそうに体験していた。

 

縄跳びメイン

一回約2時間程度の練習時間だったのだが、半分以上は縄跳びをしていたように思う。ウォーミングアップの縄跳びから、走りながらいろんな跳び方をさせたり。子ども達の集中力や好奇心を絶やさないように、ゲーム形式などを取り入れたりもしていた。六年生にすごいシュッとした子がいて、その子はすごかった。ケンケンパしながら二重跳びをしたり、その身のこなしはとても軽やか。一般的にイメージするような陸上の練習は最後の方に少しだけだったが、やはりその子はカモシカのごとく軽快な走りを見せていた。走る跳ぶ投げるの陸上競技にいたっては縄跳びの動作が基本的運動神経の基礎を作るものなんだなと思った。

 

触発されて家に帰って縄跳びをしてみた。

体がとても重くて全然跳べない。

 

うちの二女はというと、運動神経が悪いわけではないのだが、ちょっとリズム感がない。これは練習してくと自然に身についていくものなのかなあとも思うが、、、。あと、ジャンケンがめっぽう弱かった。こいつも訓練せねば。

 

私の視線を釘付けに

今回の体験中、私の視線を二女以外に釘付けにしたもの。それは大学陸上部の練習。陸上クラブの練習は大学の陸上競技場で、大学の陸上部が練習している傍らで行われている。この大学はちょっと前から、日本でもトップクラスの陸上選手を輩出している。なもんで、どんな練習してんのかなあと、とても気になって見てしまった。

練習が始まると、意外とテキパキした様子はない。各自がおのおのペースでウォーミングアップする感じ。小一時間以上動いた後、インターバルが始まった。200m×10ぐらいの。そこはやはり陸上部。みんなが颯爽と駆け抜ける。私、フォームとか凝視。あ、下半身タイツのみ率高かった。私のような短足コブラ足は少なく、すごくシュッとした感じでうらやましかった。インターバルのあとは各種目ごとに練習がはじまる。通過すると作動する装置やら何やらとても興味深かったので、その辺りは今後の要見学案件である。

 

来週も入会届をもって参加する予定。二女もとても楽しんでいたようだったが、私にとっても、大学陸上部の練習とか興味深いことが多々あった。腕を大きく回しながら走る練習とかリズミカルにステップを踏みながら走る練習とか、こ、自分にとっても良い練習になりそうだった。一緒に練習したいぐらいだったが初見の体験だったので自重。仕事のない日はついて行って、一緒に端の方で練習したり、大学構内を走ったりしてもいいかもしれない。

 

いろんな意味で楽しみがまたひとつ増えた。

ランニングペルソナ

みんな大好き心理学的テスト。

40過ぎたいいおじさんではありますが、

「あなたはこんな性格でしょ!」

「おー、当たってるわー。そうそう。」

などどいう、きゃぴきゃぴした好奇心がないわけではない。外面は「そんなに何でもかんでもカテゴライズできるものではないよ人間は。私は私。」的な雰囲気は出しますが。

 

で、ふと先程、私がいつも楽しみにしている「駒田博紀の鉄人鍛錬記」*1というブログがあって記事を読みに行った。3/15の記事はこちら。

hirokikomada.com

先月、晴れてサブ4ランナーへと導いてくれたランニングシューズ、Onクラウドの新色が出まして。それはそれはとてもカラフルで春にはぴったりのランニングシューズばかり(良い感じの色ばかりなのだが、オン・ジャパンの中の方たちが、その中のひとつの色、緑を「苔」と言ってるのがとてもOn愛を感じる)。そこでいろんな色があって悩むだろうから、自分のランナーとしての性格を色で表して、「あなたはこの色よ」と教えてくれるという記事。

設問に順番に答えていくと、「あなたのランナーとしての性格」を色で教えてくれるのだ。興味のある人は、ここからやってみてほしい。ペルソナクイズのページに飛ぶ。

 私も早速やってみた(これ、フェイスブックアカウントがないと引用した文のリンクからの日本語Ver.はできないかも。英語Ver.はOnの公式HPにある模様。英語に精通している方はそちらへぜひ)。

結果は、、、。

f:id:TOMSAI:20170315193634p:plain

赤!

当たってる、当たってる。きゃー。

変化を試しながらなんてところはどんぴしゃじゃないかな。熱しやすく冷めやすいB型(カテゴライズ大好き)は飽きっぽいっていうのもあるかもしれないが、常に何か新しいものをやってみたいとすぐ思ってしまう。ウルトラ挑戦なんてその最たるもの。いつものランニングコースもちょっと脇道に入ったりしてしまうし、何回も連続で同じコースとかだと飽きてしまう。初めていく土地での旅ランニング大好き。

なるほどね。

さらに詳しくはこちら。

f:id:TOMSAI:20170315194522p:plain

「テンションが高い」「他者と競うこと」この辺はちょっと違って(実生活できゃーとか言いません)、おとなしい平和主義ではあるけれども、変化に関するところはまさしく!だったなあ。と、思う。

 

次のクラウドは赤にします。

Onのマーケティング企画にすぽっとはまりました。

 

あなたは何色ランナー?

*1:私が好きなOnのシューズを日本で広めているオン・ジャパンの方のブログ。超面白い。そして速攻リンク貼り許可ありがとうございます。

もっと距離を積まねば

あ、チャレンジ磐梯吾妻、まだ未入金だ。早くしよ。

https://www.instagram.com/p/BRg40LMBU1e/

日曜日、ちょっと小高い山に登って、吾妻小富士を撮影。見づらいが、中央やや左に富士山のような姿の小さい山が見える。これが吾妻小富士。チャレンジ磐梯吾妻ではこの山の稜線でいいのかな、そこをぐるっと一周するコースとなっている。

f:id:TOMSAI:20170314203119j:plain

ちょっとネットから画像拝借。この丸いところを一周。地元なのでもちろん数回登ったことがあるが、高所恐怖症のため一周したことはない。道幅はそんなに広くないし、風吹いてると結構怖い。普通に登山者もいるだろうから気をつけないといかん。

コースになっていて面白いと思うが、一周することが必須ではない。この大会全般に言えることだが、記録を狙う大会ではないので、ショートカット(ぐるっと一周しないとか)や車の移動(大会で出している巡回車のことか)がOK福島市の風景を楽しみながら、「ゆっくり、ゆったり楽しんで走る」大会。ゴール後は参加者の懇親会もある。中々面白そうだ。

 

今年の夏まではウルトラメインなので、練習はできるだけ長い距離を走っていきたいが、そんなやる気とは裏腹に、土日は10km、10kmの計20km、平日はインターバルに長くても7kmちょっとと全然走れてないではないか。

https://www.instagram.com/p/BRYOrtghGJV/

インターバル後にパイの実食べたりしてる。

いかん。

3月の現時点で70km弱。このままでは150kmも厳しいなあ。なんとか200kmの大台に乗せたいところ。頑張れ俺。