フル前にして不穏な空気

いわきDNSを少し覚悟した。

昨日仕事で急な話が舞い込んできて、なかなか不穏な空気に。なんとかフル前にかたがつくよう夜遅くまで打ち合わせをし、結審した。危なかった。日程の話しをしている時、フルのことばかり考えてしまったふつつかものです。が、いざという時はスパッとDNSする。大会は逃げない。

そして社員さんの家族の中でインフルが猛威を振るっているのも怖い。仕事的にも抜けられると厳しいのだが、うつされるのはもっと嫌。うがい手洗いをしつこいぐらいにするべし。

そんなこんながあって今週と来週はなかなかメンタル的にヘビーで走ることまで頭が回らないような、、、。こういう時こそ走って気分転換できればいいのだが。月、火のランオフで右足の調子はまずまず。今週の土日は仕事になりそうなので、たいした調整もできずに本番を迎えそう。調整というか故障後納得のいくような練習ができてないのが心残り。いわき後はフル走れる大会がないので、なんとか、なんとしてでもサブ4を。最低でも金。

 

今日から寝る前、サブ4でゴールするイメトレを開始します。

 

2016良く聴いた曲

たいした内容がなかったので、ちょっと音楽の話。普通は年末とか年始にするような話題だが、2016年良く聴いた曲を。


Beirut - No No No (OFFICIAL VIDEO)

おそらく再生回数かなり上位。BeirutのNONONO。

歌詞の内容はよく分からないが、淡々と流れていく歌声がとても気分を懐かしい気分にさせてくれる。そしてホーンが鳴りはじめるとなぜか遠い目をしたくなる。早朝ランニングしている時、朝焼けが出た頃流れてくるとちょっとおセンチになったりする。歌詞の内容はよく分からないが。

このMVの悪ふざけ感。嫌いではないが、この歌を聴いてセンチメンタルになる私の感情の行き場はどこに。

フル2週前

フル2週前の日曜日はアップ2km、15kmBU、ダウン7kmを走る。

アップとダウンで距離がやたら違うのは、ちょっと計算を間違ったのと、当初の予定とコースが変わってしまったから。土曜日は10kmBU気味で445まで上げれたので、土日の練習としてはそこそこできた感がある。あと一つ心配事の右足の痛みはほぼないのだけれど、多少気になってしょうがないので、鍼灸整骨院に行ってきた。症状を説明し、とりあえず筋肉をほぐしてもらう。現状では強めに押すと痛みが出る(左は出ない)ので、あと2週様子を見て心配な時はまたほぐしてもらおう。昨年の忘年会で酸素カプセル無料券が当たったので、直前のところで予約を入れておいた。疲労回復には良いようで、疲労なしで臨めるか。右足は爆弾のままでしょう、、、。

 

さて、そろそろいわきの作戦を考えないと。

去年は始まり小雨の風強、後半も風強のまま日が差すとコロコロと変わったので今年は落ち着いてくれるといいなあ。アップダウンはそれほどでもないのだけれど、終盤の2つの坂(ふたコブと呼ばれているらしい)と殺風景なメンタルいじめにどれだけ耐えられるか。耐えられる分だけの走力が得られているのか。故障の影響は結構あるかもしれないが、なんとか最後まで走りきりたいなあと思っている。

 

 あ、そういえば詰め物が取れた歯を修正してきた。

私、歯科医院をコロコロかえる方で、、、。というのも、なかなかしっくりくる歯医者さんに出会えていない。今回の歯医者さんはとてもおしゃれだ。外観も内装も他の病院とは一線を画す。治療台もエンジのふかふかシートで全体的に丸みを帯び、心地よい。

f:id:TOMSAI:20170130201405j:plain

これは待合室の本棚。雑誌、絵本の種類、かごに入れられたギトギトしていない仕事ノウハウ系の本を見れば普通の歯科医院とは違うスマートな雰囲気を感じていただけるだろうか。そして何より先生が若い。福島、歯科医、若い。Greeeeen(eの数が分からない)のメンバー?なんて。

それにしても、歯医者は次の予約が1週間後とか長期戦になるのがいや。一気にできない理由があるからなんだろうが、少しでも早く終わりたいものだ。

日光ウルトラ前哨戦

日光ウルトラにエントリーした。

我ながら無謀というか、衝動的というか、後先を良く考えない行動に出たものだと自分でも思ってしまうわけだが、さすがにエントリーしたからにはそこへ向けて頑張るしかないとはちゃんと思えている。頑張る。

ぶっつけ本番いざ100km、なんて無理。かといってフル3週前の30kmみたいなものを考えたとすると100km3週前の75kmとかとんでもないことになる。到底一人では走れない。ネットでウルトラの練習ってどんなことをするのかなあと調べてはいるところ。やはり、本番1,2か月前くらいに50km以上の距離は経験しておいた方がよいらしい。良い時期に良い大会がないかとウルトラにエントリーしようとしてた頃、メイン前の大会でとてもちょうど良いものがあることを知っていた。

チャレンジ磐梯吾妻スカイライン

そして今年の大会が開催されることを告げるHP更新がきていた。

f:id:TOMSAI:20170126155127j:plain

日光までちょうど1ヶ月前に約66kmの大会。超地元。山登り。日光の予行演習としてこれ以上のものはないだろう。2/1からランネットでエントリー開始。日光のバカ高いエントリー費がかかったばかりなので、ここは少し間を置いてからエントリーしよう。

今年は一周コースが復活ですとあるのは左上の写真に見える富士山のミニチュア見たいな山、吾妻小富士の火口を一周できるというもの。まあ、地元ですから、その光景は良く知っているし、3年前はその隣にある一切経山に長女と登山した。景色は良い。吾妻小富士がある浄土平あたりは森林限界をほんの少し超えており、途中噴煙が立ち上っている箇所もあるなど中々な風景。知っているだけに辛そうなのもよく分かるけど。この大会で日光ウルトラの獲得標高の半分ぐらいは行くだろうから良い練習になるだろう。天気が良ければいいなあ。

 

しかし、ちょうど一年前はこの大会に出るなど微塵も考えていなかった。インスタのフォロワーさんが出ていたのだが、良くやりますねーぐらいの話しで、その一年後こいつはいいやと喜んでエントリーすることになるとは。ここを走ってみて、日光やめれば良かったなと思うか、楽しみで仕方なくなるかは私次第。